クアンタム、ActiveScale、Amazon S3互換の強い整合性の要件を自動的に順守

日本クアンタムストレージ株式会社(東京都港区、以下、クアンタム)は、ActiveScale™オブジェクト・ストレージ・プラットフォームがAmazon Simple Storage Service(S3)アプリケーションとの互換性に関する新しい強い整合性(Strong Consistency)の要件を自動的に順守することを発表しました。最近行われたS3のアップデートを踏まえ、AWS S3互換であることを証明するためには、オブジェクト・ストレージシステムが強い整合性を確保する必要があります。

<強い整合性とそれが重要な理由>
強い整合性とは、分散ストレージ・システムでのデータ・オブジェクトの可用性を指します。多くのアプリケーションではデータの書き込み直後に読み取る必要があるため、強い整合性により、パフォーマンスに影響を与えることなく、データの最新バージョンが即座にアプリケーションに提示されます。すべてのメタデータ・インスタンスは同時に更新されるため、分散クラスタのどのノードにリクエストが送信されたかに関係なく、データは整合性のある状態で提示されます。この機能がないと、最初に書き込まれた場所とは異なるノードにデータ・リクエストが送信された場合に、不正確なデータが返されたり、システムがデータをまったく見つけられなくなったりする可能性があります。


クアンタムのセカンダリ・ストレージ部門ジェネラル・マネージャーのBruno Haldは次のように述べています。
「データの整合性と耐久性を核としてActiveScaleを設計することを明示的に決定していたので、これまでも常に、強い整合性はプラットフォームの重要な機能の1つでした。AWSがS3サービスの強い整合性を発表したことで、この規格を順守していないストレージ・システムは互換性があるとは見なされなくなりました。ActiveScaleでは、強い整合性が確実に保証され、大規模環境でのデータへの完全なアクセス性が提供されます。」

<最高レベルの復元力と耐久性で独自のアーキテクチャを提供するActiveScale>
ActiveScaleアーキテクチャは、単一サイト、3ジオ分散、ローカル取り込みのいずれであっても、強い整合性を保証し、ペタバイト規模や数千オブジェクト規模に拡張可能です。また、ActiveScaleの動的データ配置と動的データ修復により最高レベルのデータ耐久性を実現するように設計されており、ドライブ、シャーシ、サイトの障害から保護する復元力、不変性とランサムウェア対策を実現するObject Lockによるセキュリティを提供します。

ActiveScaleプラットフォームは先日、データ・セキュリティ、容量、効率、パフォーマンスの向上に重点を置いた拡張が実施され、非構造化データの大幅な増加に対応し、競争力を維持するためにデータから価値を引き出すことを可能にしました。クアンタムは、非構造化データが直面している最も差し迫った課題に対処するデータおよびストレージ管理ソリューションの革新と提供を続けています。

その他資料
クアンタムについて
クアンタムの技術とサービスは、お客様のデジタル・コンテンツのキャプチャ、作成、共有を支援し、長期にわたって保存および保護します。データ・ライフサイクルのあらゆる段階に最適なソリューションを搭載したクアンタムのプラットフォームは、高解像度ビデオ、画像、産業用IoTに、最速のパフォーマンスを提供します。これが、世界中の大手エンターテインメント企業、プロスポーツチーム、研究機関、政府機関、大企業、クラウド・プロバイダーがクアンタムで世界を幸福に、安全に、スマートにしている理由です。その方法についてはwww.quantum.com/jpをご覧ください。

お問い合わせ
日本クアンタムストレージ株式会社(https://www.quantum.com/jp/
email: japan_info@quantum.com
Tel: 03-6890-3038(代表)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本クアンタムストレージ株式会社
ホームページ
https://www.quantum.com/JP/
代表者
マクドナルド・ グレゴリー・ジェー
資本金
4,000 万円
上場
海外市場
所在地
〒107-0051 東京都港区元赤坂1-2-7赤坂Kタワー4階
連絡先
03-6890-3038

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所