同志社大学科学技術と科学技術研究センター 主催「第4回 科学技術について考えるシンポジウム -- コロナ禍で働くということ:2020年私たちの生活に何が起こっていたのか」開催



このたび、同志社大学科学技術と科学技術研究センター「科学技術と社会プロジェクト」(代表 同志社大学働き方と科学技術研究センター(所長:社会学部教授 藤本昌代))は、「第4回 科学技術について考えるシンポジウム―コロナ禍で働くということ:2020年私たちの生活に何が起こっていたのか」を下記の通り開催いたします。




 本シンポジウムは、科学技術と社会について考えるものです。今年は、「コロナ禍で働くということ:2020年私たちの生活に何が起こっていたか」というテーマで、センター長である藤本教授を中心に、2020年4月、5月、7月に行ったコロナ禍の大企業調査、京都市の中小企業調査へのアンケート調査、インタビュー調査、そして内閣府が行ったコロナ禍での国民の生活、行動調査データの二次分析から、未曽有のパンデミックの際に私たちの仕事環境、生活はどのような状況になっていたのかということについての分析結果を報告します。コロナ禍は、まさしく働き方と科学技術や社会について考えるべき社会現象です。皆様のご参加をお待ちしております。なお、本シンポジウムは本学社会学部科目「情報社会学」の講義を公開するかたちで実施いたします。事前申込が必要で、オンライン(ZOOM)参加か、もしくは会場参加のいずれかの方法を選択いただけます。

                    記

 日 時:2021年1月19日(火)13:10~14:40
 会 場:同志社大学新町キャンパス臨光館301教室 もしくはオンライン(ZOOM)参加も可。
     ※「同志社大学新型コロナウイルス感染症拡大予防のためのガイドライン」に基づき、
      間隔を空けた座席定員となっております。
 主 催:同志社大学働き方と科学技術研究センター
 共 催:同志社大学COVID-19 Research Project
 参加申込: https://wksctech.doshisha.ac.jp/index.html より2021年1月15日(金)までにお申し込みください。
     オンライン参加の方には、1月16日(土)に登録されたメールアドレスにZOOMの接続情報をお送りいたします。
 入場料:無料


                                      以 上

▼本件に関する問い合わせ先
同志社大学広報部広報課
住所:京都市上京区今出川通烏丸東入
TEL:075-251-3120
FAX:075-251-3080
メール:ji-koho@mail.doshisha.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
同志社大学
ホームページ
https://www.doshisha.ac.jp/
代表者
植木 朝子
資本金
0 万円
上場
未上場
所在地
〒602-8580 京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601
連絡先
075-251-3110

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所