【東芝】医療ベンチャー IDDKへの出資ならびに業務提携契約の締結

当社の生分解性リポソーム技術とIDDKの光学技術を組み合わせ、がんの早期発見と診断精度の向上に貢献

 当社はコーポレートベンチャーキャピタル活動の一環として、顕微鏡を使わない顕微観察技術としてマイクロイメージングデバイスを開発している株式会社IDDK(本社:東京都江東区、代表取締役:上野 宗一郎 以下、IDDK)への出資を決め、本年4月17日に出資が完了しました。また同日、当社とIDDKは、当社の精密医療分野で新しい病理検査システムの共同開発推進を目的に協力関係を構築することに合意し、業務提携契約を締結しました。

 当社は、当社が保有する生分解性リポソーム技術とIDDKが保有するCMOSイメージセンサーを用いた独自の光学技術を組み合わせて、生きた細胞内の遺伝子の活性状態を観察可能な生細胞活性可視化技術*による診断デバイスの開発を進めます。2022年に臨床性能試験を開始することを目標として研究開発を進め、がんの早期発見と診断精度の向上を目指します。

 当社は、精密医療事業を本格的に推進するため、「一人ひとりのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上を応援します」「積み重ねた技術力と、新たなパートナーシップでこれからの先進医療・ライフサイエンスを支えます」「次の世代も見据えた予防医療にデジタルの力を活かします」の3つを目標とする「精密医療ビジョン」を実現するため、同じ未来を志すパートナーのみなさまとともに、予防から治療まで一人ひとりに寄り添った精密医療の実現に貢献してまいります。

【IDDKの概要】
会社名: 株式会社IDDK   
    https://iddk.co.jp/
代表者: 代表取締役 上野 宗一郎  
設立: 2017年6月  
資本金: 91.1百万円(2020年5月31日見込み、資本準備金含む) 
従業員数:4名       
所在地: 東京都江東区富岡1-12-8朝日ビル309
事業内容:顕微観察装置の開発、製造、販売、及び、顕微観察周辺技術の研究


* 生細胞活性可視化技術
当社が開発した、がん細胞の増殖や構造異常に関わる遺伝子活性に着目し、生きた細胞内の遺伝子の活性状態を観察することができる技術。主に遺伝子の活性状態を可視化する生分解性リポソームと細胞培養および観察に適したCMOSイメージセンサーで構成される。当社独自の分子構造設計技術を適用した生分解性リポソームは、内包した遺伝子を細胞内へ安全に運搬するナノカプセルであり、これにより患者から採取した細胞に遺伝子活性を発光に変換する検査用遺伝子を高効率で導入することが可能。生分解性リポソームを投与した細胞は、細胞培養用に独自に開発したCMOSイメージセンサー上で培養することで、遺伝子が活性状態に応じて発する微弱な発光をリアルタイムで撮像することができる。http://www.toshiba.co.jp/about/press/2018_11/pr_j1701.htm?uid=20181117-5847
本件に関するお問合わせ先
東芝 コーポレートコミュニケーション部 広報室 小林、蝦名、山本 03-3457-2100

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社 東芝
ホームページ
https://www.toshiba.co.jp
代表者
車谷 暢昭
資本金
50,000,000 万円
上場
東証2部
所在地
〒105-8001 東京都港区芝浦1丁目1-1
連絡先
03-3457-4511

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所