【京都産業大学】金星探査史上初めての快挙!「あかつき」を用いて金星の全球的な大気構造を解明 -- 英国科学誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載



京都産業大学理学部 安藤紘基 助教らの研究グループらは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の金星探査機「あかつき」と欧州宇宙機関(ESA)の金星探査機「Venus Express」による電波掩蔽(えんぺい)観測から、金星探査史上初めてとなる雲層の下(高度40km)から上(高度85km)における全球的な気温分布および大気安定度を取得した。




 金星は地球の双子星と呼ばれるほど、質量や大きさが似ており、両者の大気環境は全く異なる。これまで大型望遠鏡を用いた地上観測や人工衛星に搭載されたカメラ・分光器による撮像観測が実施されてきたが、金星には分厚い雲があるために、雲の中やその下の大気構造については良く分かっていなかった。

 本研究では、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の金星探査機「あかつき」と欧州宇宙機関(ESA)の金星探査機「Venus Express」の電波掩蔽観測によって、金星の雲層の下(高度40km)から上(高度85km)における気温の高度分布を全球的に取得。その結果、緯度70度よりも赤道側の大気構造は、過去にプローブや着陸機を用いて実施された直接観測の結果と似ていることを確認した。一方、直接観測の結果は皆無であった緯度70度よりも極側の大気構造は、大気安定度の低い領域が雲層の中から下まで連続的に広がっていることが分かった。



 このような大気安定度の緯度分布は、地球とは正反対の性質を持ち、金星探査史上初めて見出されたものである。また、本研究によって、全球的かつ統計的に得られた気温と大気安定度のデータは、大気大循環モデルをはじめとする数値モデルにとっての良いリファレンスとして、今後大いに活用されることが期待される。

 この研究成果は、2020年2月26日に英国科学誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

[関連リンク]
・金星探査史上初めての快挙!「あかつき」を用いて金星の全球的な大気構造を解明
 https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20200226_345_release_ira01.html

・宇宙の錬金術を観察するためのカギを赤外線域で発見~中性子捕獲元素によって近赤外線に現れる吸収線の多くを観測的に同定~
 https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20200108_345_release_ira03.html

・系外惑星の新たな形成モデルであるホット・ジュピターを発見!謎に満ちた系外惑星の解明に一歩前進
 https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20191108_345_release_ina.html

▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 広報部
住所:〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1411
FAX:075-705-1987
メール:kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
京都産業大学
ホームページ
http://www.kyoto-su.ac.jp/
代表者
大城 光正
上場
所在地
〒603-8555 京都府京都市北区上賀茂本山

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所