大谷大学が2021年4月「国際学部 国際文化学科」を新設 -- 国際都市''京都''を舞台に、内なるグローバル化が進む多文化社会で幅広く活躍できる人物を育成 --



大谷大学(所在:京都市北区小山上総町/学長:木越康)は、現在の文学部国際文化学科を改組し、2021年4月、国際学部国際文化学科(仮称:入学定員100名)の設置を構想しています。
※設置新設構想中。新学部学科名称はいずれも仮称。計画内容は予定であり、変更することがあります。




 本学は1665(寛文5)年、京都・東六条に開創された東本願寺の学寮をその前身としており、浄土真宗の宗祖である親鸞聖人の精神に基づき、''人材''ではなく''人物''の育成を目標とする学び「人間学」を教育・研究の指針として掲げています。
 経済のグローバル化が進み、多くの日本人や日本企業が世界で活躍する一方で、全国的な在留外国人数の増加などを背景に、内なるグローバル化が進んでいます。
 本学部では、グローバルな世界とローカルな地域社会を結びつける「グローカル」な視点に立ち、身近な他者を尊重し、多文化共生のために幅広く活躍できる人物の育成を目指しています。
 体験に基づく学びを重視し、従来の留学、文化研修や語学研修などを学科科目とすることに加え、フィールドワークや合宿などを取り入れ実践的に英語を学ぶEnglish Workshopの実施、さらに初修外国語の語学集中科目やフィールドラーニング系科目を新設します。



<国際学部国際文化学科の理念>
 身近な他者に気づき、寄りそい、共生できる人を育てる


<国際学部国際文化学科の特徴>
 異文化という鏡で自文化を見直しながら、
 多様な文化を人生と社会の豊かさにつなげる方法を探求します。
 英米、西欧、東アジアの文化や社会を深く理解し、世界から日本を、
 日本から世界を見る複眼的学びを通して、幅広い視野と柔軟な思考力を培い、
 国際コミュニケーション力を養います。

(1) 京都、国内で国際体験
【学内国際体験】
 授業での国際体験をはじめ、授業外イベントなど、授業内外で留学生やネイティブ・スピーカーとの豊富なコミュニケーション機会の創出
【地域国際体験】
 京都を訪れている外国人や留学生と接するフィールドラーニングや、留学生との交流合宿など体験型の授業を実践
(2) GLOBAL SQUARE(語学学習支援室)
 留学や語学学習、留学生との交流に興味のある学生をサポートするための支援室を設置しています。
(3)海外で国際体験
 短期語学・文化研修(2~3週間)や、長期留学(6ヶ月~1年間)など幅広く設定。


<国際学部国際文化学科 概要>
【学部名称】国際学部 (仮称)
【学科名称】国際文化学科(仮称)
【入学定員】100名
【専門コース(2年次から)】
・英語コミュニケーションコース
・欧米文化コース
・アジア文化コース
【取得学位】 学士(文学)
【取得可能な免許・資格】
 中学校教諭一種(英語)※、高等学校教諭一種(英語)※、学校図書館司書教諭(教員免許状取得前提)、図書館司書、文書情報管理士2級、ファイリング・デザイナー検定3級、真宗大谷派教師、社会教育主事任用資格、社会福祉主事任用資格、博物館学芸員
 ※教職課程認定申請予定
【卒業生の想定進路】
 観光業(旅行会社、ホテル、旅館業)、航空会社(CA、グラウンドスタッフ)、交通・運輸、外食・サービス、流通・小売、中学・高等学校教諭、国家・地方公務員、真宗大谷派宗務所 など

※詳細については大学HP(特設サイト)をご覧ください。
 http://int.otani.ac.jp/ 【特設サイト】

 http://www.otani.ac.jp/ 【大学HP】

▼本件に関する問い合わせ先
企画・入試部 企画課
住所:603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8115
FAX:075-411-8149
メール:kikakuka@sec.otani.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
大谷大学
ホームページ
http://www.otani.ac.jp/
代表者
木越 康
上場
未上場
所在地
〒603-8143 京都府京都市北区小山上総町

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所