聖学院大学学生が、9年目の釜石復興支援ボランティアツアー「サンタプロジェクト9」を企画~釜石市の方々との郷土料理づくりや子どもたちの交流を実施~



聖学院大学(埼玉県上尾市、学長=清水正之)では、今年で9回目となる聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー「サンタプロジェクト9」を11月29日~12月1日、実施します。2014年連携協定を締結した岩手県釜石市へ、学生27名、教職員等8名の計35名が訪問し、釜石市の方々との郷土料理づくり、こどもクリスマス会、台風19号被害に関わる清掃活動、原木椎茸再生に関わるボランティア等を行います。




 毎年恒例となっている郷土料理づくりでは、「釜石・大槌郷土料理研究会」の皆様に地元の料理を教わり、学園祭などで振る舞う活動や、レシピ起こしをし、伝承のお手伝いをする活動を行ってきましたが、今回は研究会からの要望でそれらに加えて、お母さん方の料理づくりの映像記録を作成する予定です。メニューはひっつみ・がんづき・ホタテの浜焼き等を予定しています。

 こどもクリスマス会では、学生たちがクリスマスの絵本の読み聞かせや楽しいゲームを準備しています。また、台風19号の被害がいまだに残る地域において清掃活動などの復旧活動を行う予定です。

■聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー「サンタプロジェクト9」
[活動場所] 岩手県釜石市鵜住居町、橋野町 ほか
[参加者] 学生27名、教職員等8名 計:35名
[実施期間] 2019年11月29日(金)~12月1日(日)

●プログラム概要(予定)
【11月29日(金)】
 事前学習会(大学)後、バスにより釜石に向けて出発
【11月30日(土)】
▼9:45~14:00
 地元郷土料理づくりを体験。一緒に調理・昼食をとりながらレシピ製作のための取材活動を行います(会場:根浜海岸レストハウス)
 別行動の原木椎茸再生ボランティアは、農場の整備活動を行います。
▼15:30~17:00
 三陸ひとつなぎ自然学校伊藤聡代表のガイド
 民生委員市川淳子さんのお話
【12月1日(日)】
▼9:15~11:30
 2グループに分かれて、こどもクリスマス会(会場:鵜住居地区生活応援センター)/台風19号被害への復旧活動(会場:根浜海岸林)(予定)

※取材をご希望の場合は、事前にお問い合わせください

▼本件に関する問い合わせ先
広報部 広報課
松崎、神吉(かんき)
住所:埼玉県上尾市戸崎1-1
TEL:048-780-1707
FAX:048-725-6891
メール:pr@seigakuin-univ.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
聖学院大学
ホームページ
http://www.seigakuin.jp/
代表者
清水 正之
上場
未上場
所在地
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所