株式会社ライオニス ライブ3Dアニメーション用 リアルタイム顔モーションキャプチャSDKの提供を開始

世界の最新ソリューションを日本に提供する株式会社ライオニス(東京都江東区、代表取締役社長 ホ ソンウク、 http://www.lionice.co.jp/ )は、3Dライブアニメーション用のリアルタイム顔モーションキャプチャSDK(ソフトウェア開発キット)の提供を開始しました。
<製品名:Hyprface 提供元:Hyprsense(ハイパーセンス、米国カリフォルニア州)>






Hyprsenseは、コンピューターとディープラーニングの世界でトップクラスのエキスパートにより、リアルタイムの顔モーションキャプチャーテクノロジーを開発しており、広範囲の顔検出、顔のランドマーク追跡、および表情値追跡を実現しました。繊細な表情のポートレートでリアルタイムの3Dキャラクター、ARフィルター、VRアバターエクスペリエンスを強化します。 さらに、スマートスピーカー、ロボット工学、自動車インフォテインメントの分野から、AIインタラクションまで、高度な技術でアプリケーションをサポートしています。 株式会社ライオニスは、Hyprsenseとパートナー契約し、提供を開始しました。
Hyprfaceの特長は以下の通りです。
  • ライブ3Dアニメーション用リアルタイム顔モーションキャプチャSDK
  • 表情パラメータ50個の追跡表現を実現。表情パラメータを重み値として検出追跡し、すべての値の組み合わせをフレームごとの表情として出力します。
  • アイトラッキング(目の動き)を実現。瞳孔と虹彩のランドマークトラッキングに基づいて視線ベクトルを計算し、3Dキャラクターの目の動きを忠実にアニメーション化します。
  • 最大15人を検出して、Intel Core i9 2.9Ghzでリアルタイムに実行。各人の表情を追跡できます。
  • 舌の動きを追跡。舌の位置と方向を検出。顔のアニメーションに現実のレイヤーを追加します。
  • 高度な顔動き追跡機能。パーソナライズされた3D顔のメッシュモデルを構築し、1,000個の3Dランドマークを使用して、フレームごとの3D顔の密なアライメントを実行します。
  • SDKは、アプリに組み込み可能。また、軽くて速い動作。SDKのサイズは15MB未満ですが、Intel Core i9 2.9Ghzで1人を追跡するときの追跡速度は300fpsです。
<株式会社ライオニス URL>
https://www.lionice.co.jp/
<Hyprsense URL>
https://www.hyprsense.com/
<無償トライアル&各種のお問い合わせについて>
contact@lionice.co.jp
<株式会社ライオニス 会社概要>
◆社 名 株式会社LIONICE(ライオニス)
◆設 立 2019年7月1日
◆代表者 代表取締役社長 ホ ソンウク
◆所在地 〒135-0016 東京都江東区東陽4-10-4 東陽SHビル5F
----------------------------------------------------------------------
<サービスまたはリリースに関するお問い合わせ先>
■株式会社ライオニス
TEL: 070-3533-5241
  E-Mail:contact@lionice.co.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社ライオニス
ホームページ
https://www.lionice.co.jp/
代表者
ホ ソンウク
資本金
1,000 万円
上場
未上場
所在地
〒135-0016 東京都 東京都江東区東陽4-10-4 東陽SHビル5F
連絡先
070-3533-5241

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所