日本初のバナナ専用自動販売機がアスリート・デザインに一新

16種のスポーツをデザインした特製パッケージ「低糖度バナナ」を販売

 株式会社ドール(東京都千代田区 代表取締役社長 渡辺 陽介)は、日本で初めてバナナの提供を開始したバナナ専用自動販売機のデザインをアスリート・デザインに一新し、16種のスポーツ競技をモチーフにした特製デザインの「低糖度バナナ」(税込価格:150円)を本年6月20日(木)より販売いたします。
 バナナは、手軽に食べることができ、腹持ちも良く、運動する人にはお勧めの食品です。ドールが設立した「バナナ・パイン研究所」では、業界で初となる臨床試験「バナナ摂取が運動に及ぼす効果」を実施し、バナナ摂取により 運動パフォーマンスや疲労軽減への効果についても明らかになりました。
 ドールでは、これまでも東京マラソン参加ランナーへのバナナ提供など、バナナを通して、スポーツと運動を応援してまいりましたが、今回、バナナ専用自動販売機においてもアスリート・デザインにリニューアルし、バナナとスポーツや運動に対する想いを伝えることにいたしました。
 バナナ自動販売機にデザインされるスポーツ競技は「陸上」「ゴルフ」「サッカー」「バスケットボール」「スポーツクライミング」「スケートボード」「水泳」の7種で、バナナとそれぞれのスポーツの持つ一瞬の緊張感や特有の躍動感などを捉えたデザインとなっています。また、販売するバナナは、アスリートが好むさっぱりとして甘すぎない味の「低糖度バナナ」(税抜価格:150円)で、パッケージに16種のスポーツ競技をモチーフにした特製デザインを採用しました。

 バナナ自動販売機は、バナナを鮮度管理に最適な13℃で保管し、いつでもおいしくて食べやすい状態で提供します。2010年6月に渋谷駅隣接のビルに設置されて以来、手軽で美味しく栄養補給でき、ちょっとした軽食やおやつ、職場への差し入れなど生活の様々なシーンで利用できることからバナナを愛する多くの方に支持されてきました。

 ドールでは、今回のバナナ自動販売機のデザインのリニューアルにより、より多くの方にバナナが健康に寄与するとともに、スポーツや運動時のエネルギー補給に有効な食品であることを感じていただければと存じます。

■バナナ自動販売機 リニューアル概要
□名 称:バナナ自動販売機
ドールが、2010年6月に日本初のバナナ自動販売機として設置。バナナを鮮度管理に最適な13℃で保管し、いつでもおいしくて食べやすい状態で提供しています。バナナを手軽で美味しく栄養補給でき、ちょっとした軽食やおやつ、職場への差し入れなど生活の様々なシーンで利用できることから、バナナを愛する多くの方に支持されています。

□リニューアル日:2019年6月20日(木)

□バナナ自動販売機 新デザイン概要:
バナナと「陸上」「ゴルフ」「サッカー」「バスケットボール」「スポーツクライミング」「スケートボード」「水泳」の全7競技それぞれのスポーツの持つ一瞬の緊張感や独特の躍動感を捉えたデザイン。

□設置場所:渋谷第一勧銀共同ビル 地下2階(渋谷区宇田川町23-3)

□販売商品:特製パッケージ「低糖度バナナ」(税抜価格:150円)
水分が多く、でんぷん質が少なくなる低地栽培により、糖度が低く抑えられているのが特長のバナナ。高地栽培のバナナと比較し、約13%程度糖度が低く抑えられており、さっぱりとして甘すぎない味を好むアスリートにもお勧めのバナナ。

□特製パッケージ概要:
バナナと「陸上」体操」「サッカー」「バスケットボール」「カヌー」「野球」「サーフィン」「ラグビー」「スポーツクライミング」「卓球」「水泳」「ゴルフ」「自転車」「柔道」「バトミントン」「スケートボード」の 全16競技それぞれのスポーツの持つ一瞬の緊張感や独特の躍動感を捉えたデザイン。
本件に関するお問合わせ先
【本件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先】
ドールお客様相談室 TEL:0120-500-439
9時~17時(土・日・祝日は除く)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社ドール
ホームページ
https://www.dole.co.jp/
代表者
ジェームス プリドー
資本金
8,000 万円
上場
未上場
所在地
〒102-0075 東京都千代田区三番町6番地2三番館彌生館
連絡先
03-3237-1451

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所