【東芝】日野自動車新型車両の二次電池SCiBTMの採用について

 当社の二次電池「SCiB™」が、日野自動車株式会社(以下、日野自動車)「日野プロフィア ハイブリッド」に搭載されるバッテリーとして採用されました。

 新型「日野プロフィア ハイブリッド」は、大型トラック用ハイブリッドシステムとして、下り勾配などでの大きな運動エネルギーを高効率に充電し、充電したエネルギーを、平地の定速走行時ではモーター走行、上り勾配ではモーターによるアシスト走行に使用することで、燃費向上させる日野自動車が開発した新たなハイブリッドシステムとなります。

 SCiB™は負極にチタン酸リチウムを採用したことにより、急速充電性能、長寿命性能を有し、急峻で大きなエネルギーの入出力に優れるため、大型ハイブリッドトラックに最適であり、採用に至りました。

 SCiB™の需要は拡大しており、設備投資やアライアンス等により製造能力の拡充を進めております。国内では、現在の製造拠点である柏崎工場に加え、当社横浜事業所内に新たな製造工場の新設を計画、海外では、スズキ株式会社、株式会社デンソーとの合弁によるインド工場の設立を進めております。

 東芝グループは、昨年11月に発表した会社変革計画「東芝Nextプラン」において、SCiB™事業を新規成長事業として位置づけています。

   
 日野プロフィア ハイブリッド          SCiB™ 20Ahセル

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社 東芝
ホームページ
https://www.toshiba.co.jp
代表者
車谷 暢昭
資本金
50,000,000 万円
上場
東証2部
所在地
〒105-8001 東京都港区芝浦1丁目1-1
連絡先
03-3457-4511

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所