【東芝】三菱自動車新型車両の二次電池SCiB(TM)の採用について

 当社の二次電池「SCiB™」が、三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)「eKワゴン/eKクロス」に搭載されるバッテリーとして採用されました。当社は、カルソニックカンセイ株式会社の回生蓄電池システムを通じて製品供給を行います。

 新型eKワゴンには、減速時の運動エネルギーを高効率に充電し、発電によるエンジンの負担を軽減、燃料消費を抑制し低燃費を実現する充電制御、不要なアイドリングによる燃料消費をカットする為のアイドリングストップ機構が搭載されております。また、新型eKクロスには発進時及び走行時のモータアシストを可能とするマイルドハイブリッド機構が搭載されています。
 SCiB™は負極にチタン酸リチウムを採用したことにより、急速充電性能、長寿命性能を有し、急峻なエネルギーの入出力が必要なアイドリングストップシステム/マイルドハイブリッドシステムのバッテリーに適しています。これらの性能が評価され、採用に至りました。

 SCiB™の需要は拡大しており、お客様のニーズにお応えできるよう設備投資やアライアンス等により製造能力の拡充を進めています。国内では、現在の製造拠点である柏崎工場に加え、弊社横浜事業所内に新たな製造工場の新設を計画、海外ではスズキ株式会社、株式会社デンソーとの合弁によるインド工場の設立を進めています。
 東芝グループは、昨年11月に発表した会社変革計画「東芝Nextプラン」において、SCiB™事業を新規成長事業として位置付けています。


      
  eKクロス          eKワゴン         SCiB™10Ahセル
  

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社 東芝
ホームページ
https://www.toshiba.co.jp
代表者
車谷 暢昭
資本金
50,000,000 万円
上場
東証2部
所在地
〒105-8001 東京都港区芝浦1丁目1-1
連絡先
03-3457-4511

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所