アライドテレシス、再び世界初! フレキシブル ワイヤレス エクステンダー「AWC Smart Connect」を発表!

ケーブルレス&シングルチャンネルで高密度無線LANを簡単に導入・拡張

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、再び世界初となる、フレキシブル ワイヤレス エクステンダー「AWC Smart Connect(AWCスマートコネクト)」を開発したことを発表します。

IoT化に伴いさまざまな端末のワイヤレス接続が増加しているなか、弊社は2017年に、専門知識が無くとも最適な無線LAN環境を容易に構築、運用することができる自律型無線LAN「AWC(Autonomous Wave Control)」を開発しました。また、2018年には、移動端末通信に欠かせないハイパフォーマンス、且つローミングレス通信を実現する「AWC-CB(Autonomous Wave Control Channel Blanket)」を提供し、セル型とチャンネル・ブランケット型の2方式をひとつのアクセスポイント(AP)で実現する世界初の「ハイブリッドシステム」を開発しました。

弊社はこれらの無線LANソリューションに加えて、無線LANの拡張ニーズにお応えするため、このたび、イーサネットケーブル敷設工事をせずに無線LANのラスト0.1マイルを網羅できるAWC Smart Connect(AWC-SC)を開発しました。当技術により、無線AP同士を無線接続し、スイッチングHUB感覚で無線APの導入および運用を可能とします。

フレキシブル ワイヤレス エクステンダー のメリット
無線AP同士を無線接続することが可能であるため、スイッチングHUB感覚で無線アクセスポイントを導入/運用できます。
•イーサネットケーブル不要で運用・導入コストを最小化
 - ケーブル敷設工事不要 (電源用意のみ)
 - 上位スイッチの設定変更不要 (繋げるだけ)
•AWC-CBとの連携で途切れない安定した通信環境を手間なく構築可能
 - シングルチャンネル & ローミングレス
 - サイトサーベイレス & メンテナンスフリー
•高密度なアクセスポイント設置で無線通信を超えた価値を提供
 - 無線デバイスの見える化
 - 接続状況管理 & 接続位置検知
 - 動線管理 & 履歴管理

スマートコネクトの優位点
•新設APの単体設置工事のみで追加配線工事や上位スイッチの設定変更が不要。
•シングルチャンネルにより再サイトサーベイ不要、チャンネル/電波強度の再設計も不要。
•無線通信経路の冗長化による、途切れない無線LAN通信を実現。

弊社は、AWC-SCフィーチャーライセンスを2019年4Qにリリースする予定です。

---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL:https://www.allied-telesis.co.jp
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
田中 利道 E-mail: totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL:https://www.allied-telesis.co.jp
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
アライドテレシスホールディングス株式会社
ホームページ
http://www.at-global.com/
代表者
大嶋  章禎
資本金
998,500 万円
上場
東証2部
所在地
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-21-11 第2TOC ビル
連絡先
03-5437-6000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所