リート、国内債券運用における「ESG評価」導入のお知らせ

三井住友アセットマネジメント株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:松下隆史、以下「当社」)は、「フィデューシャリー・デューティー宣言」において、「SRI、ESG投資で日本のトップランナーを目指す」と表明し、従来より日本株式の運用において、自社アナリストのESG評価を活用した運用を強化してまいりました。
今般、日本およびアジア・オセアニア地域(以下「域内」)のリート、更に国内の債券運用において、銘柄選定プロセスにESG評価を加え、ESGの観点を活用した運用力強化を図りましたので、お知らせいたします。
 
ESGの概念は、近年、株式を中心に証券投資の新しいパラダイムとして広く浸透しつつあります。
域内のリート投資では、ESG評価の活用は緒に着いたばかりであり、国内を見渡す限りその活用はほとんど見られません。今般、当社では、長年自社運用で注力しているリートのアクティブ運用において、リートの「マネジメントの質」を評価する指標にESG評価を加えました。ESG評価は、当社のアナリスト調査に基づくスコアと外部機関であるGRESBによるスコアから構成された独自のもので、その変化を運用の収益機会に結びつけるものです。リートを分析する東京本社とシンガポール拠点が一体となり、そのノウハウを共有、体系立てたことにより、より一層、的確なリートの銘柄評価が可能になると考えます。

また、国内債券運用の分野でも、近年、グリーンボンドの発行が増加するなどESG投資への注目度が高まっています。当社では、格付け予測の精度を高めるために、ESGスコアを説明変数とする機械学習を用いたモデルを開発しました。従来の財務情報等による格付け予測に当モデルを加え、円債のアクティブ運用での銘柄選択力を強化し、運用収益を高めていきたいと考えております。

当社の自社運用商品につきましては、既に一部導入を開始している国内株式に加え、リート、国内債券の各運用分野において、ESG評価を各運用プロセスに加えることによる運用力の強化を図りました。当社では、今後も運用力強化に不断に取り組み、パフォーマンス向上を通じて、お客さまの資産形成に貢献してまいります。


※ GRESB とは、Global Real Estate Sustainability Benchmark(グローバル不動産サステイナビリティ・ベンチマーク)の略です。不動産セクターの会社・ファンド単位での環境・社会・ガバナンス(ESG)配慮を測り、投資先の選定や投資先との対話に用いるためのツールとして、APGやPGGMなどの欧州の年金基金を中心に2009年に創設され、現在では欧米を中心にグローバルに機関投資家が参画しています。



重要な注意事項
■当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
■当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
■当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
■当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
■当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
■当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

三井住友アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

本件に関するお問合わせ先
三井住友アセットマネジメント株式会社 営業企画部
木村Tel.03-5405-3209
松嶋Tel.03-5405-0791

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三井住友DSアセットマネジメント株式会社
ホームページ
https://www.smd-am.co.jp/
代表者
松下 隆史
資本金
200,000 万円
上場
未上場
所在地
〒105-6228 東京都東京都港区愛宕二丁目5番1号愛宕グリーンヒルズMORIタワー 28階
連絡先
03-5405-0555

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所