フェリス女学院大学が2月11日に朗読会「物語から、始まる。~『不思議』のさきに見えるもの~」を開催 -- 読書運動プロジェクトの一環



フェリス女学院大学(神奈川県横浜市 学長:秋岡陽)は2月11日(月・祝)、神奈川近代文学館ホールで朗読会「物語から、始まる。~『不思議』のさきに見えるもの~」を開催する。これは、同大の「読書運動プロジェクト」が毎年実施しているもので、今回で9回目。プロジェクトに所属する学生スタッフと同大OGの朗読サークル「すずの音」のメンバーらが、宮沢賢治の『よだかの星』やサン=テグジュペリの『ちいさな王子』など4作品を朗読する。入場無料、予約不要。




 フェリス女学院大学の「読書運動プロジェクト」は2002年度にスタート。学生の読書への関心を高めることを目的に、毎年度テーマを設け、講演会や朗読会、コンサートなどさまざまな活動を続けている。今年度は「大人も子どもも楽しめる物語世界~不思議、驚き!」をテーマに活動を展開してきた。

 このたび同プロジェクトは、活動の一環として、朗読会を神奈川近代文学館と共催する。9回目となる今回のテーマは「物語から、始まる。~『不思議』のさきに見えるもの~」。学生・OGが若々しい声に物語を乗せて、観客を不思議の世界に誘う。出演メンバーたちは、今年も専門家からのレッスンを受け、練習を重ねてきた。マイクを使わず生の声で表現される名作の数々を、心ゆくまで楽しめるイベントとなっている。概要は下記の通り。

◆朗読会「物語から、始まる。~『不思議』のさきに見えるもの~」概要
【日 時】2019年2月11日(月・祝)14:00~17:00(開場13:30)※入退場自由 
【場 所】神奈川近代文学館ホール(横浜市中区山手町110 港の見える丘公園内)
【出演者】
・フェリス女学院大学附属図書館読書運動プロジェクト朗読チーム
・フェリス女学院大学OG朗読サークル 「すずの音」
【演 目】
・宮沢賢治作『よだかの星』
・宮部みゆき作『器量のぞみ』
・太宰治作『葉桜と魔笛』
・サン=テグジュペリ作、野崎歓訳『ちいさな王子』
【指 導】
 鈴木千秋(朗読家)

▼朗読会に関する問い合わせ先
 附属図書館事務室 鵜木、森園
 TEL : 045-812-6999
 FAX : 045-812-9772
 E-mail : r_library@ferris.ac.jp

(参考)
【読書運動プロジェクトのこれまでの活動について】
 読書運動プロジェクトは、2002年度から学生の読書推進を第一の目的として始まった活動で、今年度で17年目を迎えた。学生ボランティアメンバーを中心として、毎年テーマを決めて展示や読書会を行うほか、創作コンクールや朗読会など、「表現」するという視点から、「読む」だけに留まらない多角的な読書体験を推進している。
 活動に参加した学生からは、「読書会に参加して、未知のジャンルの本にも興味が広がった」「朗読を通して作品に向き合うことで、自の成長を感じられた」などの声が多く聞かれており、これからも読書の素晴らしさを伝える活動を継続していく。
※詳しくは下記URLを参照ください。
 https://www.library.ferris.ac.jp/dokupuro/ 


▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報課
植村・粟原・敦賀
住所:〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-9624
FAX:045-812-8395
メール:kikaku@ferris.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
フェリス女学院大学
ホームページ
http://www.ferris.ac.jp/
代表者
秋岡 陽
上場
未上場
所在地
〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
連絡先
045-812-8211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook