チェコ共和国で迎える新年〜ユニークな伝統を体験

クリスマスが過ぎるとチェコでも新年を迎えるお祝いムードが広がります。今回は12月末から1月に体験できるユニークな伝統やイベントをご紹介します。

盛大な花火と共に迎える新年



幼子イエス(Ježíšek)からのプレゼントやごちそう、家族と過ごした華やかなクリスマスの雰囲気は年末に向けて徐々に薄れてゆき、新年を迎えるまではチェコは静穏な空気に包まれます。

そして来る年を祝う12月31日。クリスマスが家族と共に過ごすイベントである一方、大晦日は友人と共に楽しく過ごします。特に新年を迎えた瞬間には、大きな花火を背景に、乾杯の声が鳴り響きます。

暖かい室内で新年を迎えたい方には、格式高い劇場での大晦日特別プログラムがおすすめです。プラハのエステート劇場ではNew Year’s Eve with Mozartを上演。ドン・ジョバンニやフィガロの結婚などモーツァルトの代表作のアリアや名シーンを堪能するとともに、美味しい食事、アーティスト達との乾杯を楽しめます。極め付けはなんといっても舞台上でのダンス。ついさっきまで見ていた舞台上で新年初のダンスを楽しみましょう。
New Year’s Eve with Mozart:https://m.narodni-divadlo.cz/en/show/13716?t=2018-12-31-19-30

年末はチェコで美しい街並みの中、新年最初の乾杯の声を上げてみてはいかがでしょうか?


一風変わったチェコ新年の風習



元旦は日本と同様チェコでも祝日で、多くの人は前の晩の疲れを癒すために休んでいます。新年と言えば、新年の抱負を語るのは外せません。でも、チェコの新年の風習は一風変わっています。

例えば、元旦の昼食の定番は鳩を用いたメニューなのですが、これはその年の幸運が飛んでいかないようにと願っているのです。他には、レンズ豆を用いた料理に是非挑戦してください。レンズ豆を食べれば食べるほど、金運が向上するかも?ぜひチェコのレストランでご賞味ください!

チェコ第2の都市ブルノのグルメ情報:https://www.gotobrno.cz/en/taste-brno/


ミステリアスな暗号?“K+M+B+”



新年にチェコの町を歩いていると、“K+M+B+”の文字を玄関の上に発見することがあります。これは唯の落書きではなく、1月6日にお祝いされる「東方の三賢者」と呼ばれる風習の印です。

「東方の三賢者」とは、生まれたばかりのイエス・キリストの元に、彗星に導かれて東方から遥々やってきた三賢人が特別な贈り物を捧げた、という聖書のエピソードが元になったイベントです。

お祭り当日は、3人の少年が東方の三賢人に扮して町をパレードする様子が見受けられます。その容姿は特徴的で、王冠を被り、白いケープやマントを着て、ひとりは顔を黒塗りにしています。多くの場合このパレードの目的はチャリティーですが、同時に家々を訪問し、1年の幸運を寿ぎます。冒頭の文字の意味は定かではないのですが、ラテン語で「キリストが祝福した家(Christus Mansionem Benedicat)」もしくは、三人の賢者の名前(Kašpar, Melichar and Baltazar)のイニシャルだともいわれています。



もしこの日をプラハで過ごされるのであれば、是非マラー・ストラナ広場からカレル橋を通って、旧市街広場まで行われるパレードをご鑑賞ください。旧市街広場に到達すると、大規模なコンサートが行われます。もしくは凍てつくヴルタヴァ川で泳ぐ三賢人とやる気満々の仲間たちと共に寒中水泳を楽しまれるのも、チェコらしいお祝いの仕方かもしれません。勿論、カレル橋で両方を同時に見ることも可能です!

プラハ 東方三賢者のパレード:https://www.prague.eu/ja/event/21373/procession-of-the-three-kings?back=1


ユネスコ無形文化遺産「マソプスト」



1月6日は、謝肉祭「マソプスト」が始まる日でもあります。ご馳走を食べたり、音楽に合わせて踊ったりして楽しむこの祭りは、イースターの初日まで続きます。現代の人はクリスマス後もあってか、そこまで盛んにお祝いすることはありませんが、地方では昔ながらの方法でお祝いするところもあります。



「マソプスト」と言えば、プラハから東に150km、フリンスコのカーニバルは外せません。ユネスコの無形文化遺産に登録されているフリンスコのカーニバルは、1月31日から二週間に渡って開催されます。そこでは、昔ながらの伝統儀式やマスク、衣装などを体験できます。また、マソプストには欠かせない甘いドーナツのコブリハ(Kobliha)や名産の蒸留酒スリヴォヴィツェを楽しむことが出来ます!フリンスコでユニークな伝統を体験してみましょう。

チェコ政府観光局-チェコツーリズムは1993年に設立され、日本を含む世界20カ国でチェコの観光プロモーションを行っています。

チェコ政府観光局日本支局では>>>
1. プレスツアーをサポートしています。チェコ共和国の取材を企画される際はご相談ください。
2. SNS及び公式ブログにて最新情報を発信しています。
>FBページ「チェコへ行こう」 https://www.facebook.com/czechrepublic.jp/
>Twitter チェコ共和国【公式】 https://twitter.com/JpCzechRepublic
>チェコ共和国」オフィシャルブログ 見る、知る、チェコ https://czechrepublic.jp/
3. ウェブサイトhttp://www.czechtourism.com/ はメディアの方及び一般の方向けの信頼のおける情報源です。プレス専用ページ http://www.czechtourism.com/jp/press/home/
4. http://brand.czechtourism.cz/ には無料で使用可能なPhotobankです。

本件に関するお問合わせ先
チェコ政府観光局 - チェコツーリズム
担当:麻生 理子
〒150-0012:東京都渋谷区広尾2-16-14チェコ共和国大使館B館2F
TEL:03-6427-3093 
E-mail:aso@czechtourism.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
チェコ政府観光局 - チェコツーリズム
ホームページ
https://www.visitczechrepublic.com/ja-JP
代表者
パヴリーク シュテパーン
上場
未上場
所在地
〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14チェコ共和国大使館B館2F
連絡先
03-6427-3093

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所