フェリス女学院大学が「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキングで全国第5位にランクイン



フェリス女学院大学(神奈川県横浜市/学長:秋岡 陽)は、2018年3月卒業生を対象に実施した「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキング(調査:大学通信)において、全国第5位にランクインした。この結果は、11月9日付の東洋経済オンライン「『本当に就職に強い女子大学』ランキング」にも掲載された。




 フェリス女学院大学では、学生自身が「自分らしい人生」を描き、将来を切り拓いていく力を身につけられるように、1年次から充実したキャリア支援を行っている。
 バラエティに富んだ各種就職講座や企業セミナーを年間100件以上実施。企業や仕事に対する理解を深めるとともに、実際の採用選考に対応できるプログラムを用意している。

 また、少人数教育を行う大学だからこそ可能な、個人相談に重点を置いたサポートにも力を入れている。
 就職個人相談では一人当たりおよそ30分の相談時間を設け、就職活動をしていく中での疑問や不安、悩みなど、あらゆる問題に経験豊かなスタッフが親身に対応。就職活動中の3、4年次生はもちろん、活動が本格化する前の1、2年次生にも広く利用されている。

 学生一人ひとりに合わせたキャリア支援の実現により、2018年3月卒業生の就職内定率は99.4%を達成した。過去3年の就職内定率の平均も約98%となっている。今回のランクインは、そうしたフェリス女学院大学の強みを生かした取り組みが評価された結果だと言える。

■女子大の有名企業400社への実就職率(2018年卒)
 1位 聖心女子大学    26.2%
 2位 学習院女子大学   24.6%
 3位 東京女子大学    24.4%
 4位 日本女子大学    23.7%
◎5位 フェリス女学院大学 21.9%

※大学通信調べ(データは11月1日現在)。大学通信では、全国の国公私立大学(医科系・歯科系の単科大学などを除く)を対象に「実就職ランキング」の調査を実施。「『本当に就職に強い女子大学』ランキング」は、調査対象の78女子大学中、回答のあった63大学から作成した。400社実就職率は、有名企業400社への就職者数÷[卒業(修了)者数-大学院進学者数]×100で算出。有名企業400社は日経平均株価指数の採用銘柄や会社規模、知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定した。
(参考)東洋経済オンライン「本当に就職に強い女子大学」ランキング
 https://toyokeizai.net/articles/-/248286
※「女子大の有名企業400社への実就職率」ランキング表は4ページ目に掲載

■フェリス女学院大学のキャリア支援に関する取り組み
【キャリア形成サポート】
 就職活動に必要な情報を得るとともに、自分の適性についても考えるためのさまざまな課外講座を展開している。
 1、2年次から課題解決型のプログラムを中心とした体系的なキャリア形成支援に力を入れており、3年次生向けには就職活動のスケジュールや情報収集の方法、自己分析、業界・企業研究など、実践的な内容のガイダンスや各種講座などを行っている。また、就職活動を終えた4年次生による経験に基づいた内定者座談会なども学生に好評を得ている。
 アナウンサーやキャスターとして活躍するOGが複数いる同大の特色を活かした「アナウンサー志望者向け講座」も人気を博しており、「メンタルの鍛え方」などの社会で役に立つ心理的スキルトレーニングは、アナウンサー志望者以外にも役に立つ内容となっている。
 就職個人相談では、自分自身の持つ力や可能性に気付いてもらい、それをどう伸ばしていくかという視点からアドバイスしている。

○充実の就職支援プログラム【ガイダンス・講座】
・低学年向けキャリア講座
・就職ガイダンス
・内定者座談会
・業界研究
・ビジネスマナー講座
・学内オープンセミナー
・就職実践講座
・アナウンサー志望者向け講座
○就職個人相談

【インターンシップ】
 フェリス女学院大学は、国内の文系女子大として初めてインターンシップ制度を導入して以来、きめ細やかなサポートを行ってきた。
 正課インターンシップの「キャリア実習」では、授業を通してインターンシップを行っており、事前・事後の研修を受けながら学びを深めることができる。1、2年次からの参加も可能で、国内だけでなく海外企業での実習も行っている。
 大学が窓口となって応募書類の取りまとめを行っている正課外インターンシップは、単位は付与されないが、事前研修などのサポートを受けることができる。これには、横浜商工会議所加盟企業で実習を行う「横浜インターンシップ制度」などがある。
 その他、大学を通さずに直接企業に応募する自由応募型インターンシップもある。

・フェリス女学院大学HP
 http://www.ferris.ac.jp/employ-carrier/



▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報課
植村・粟原・敦賀
住所:〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-9624
FAX:045-812-8395
メール:kikaku@ferris.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
フェリス女学院大学
ホームページ
http://www.ferris.ac.jp/
代表者
秋岡 陽
上場
未上場
所在地
〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
連絡先
045-812-8211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所