フェリス女学院大学の学生が商品開発に携わった和菓子「浜恋路(はまこひたび)」が9月22日に発売



フェリス女学院大学(神奈川県横浜市/学長:秋岡陽)は、2017年4月にスタートした「全学教養教育機構(CLA)」において、実社会で求められる課題解決力を実践的に学ぶ「プロジェクト演習」の授業の一環として株式会社香炉庵(神奈川県横浜市/代表取締役:齋藤知也、以下 横浜元町 香炉庵)と協定を締結。その成果として、本学文学部日本語日本文学科の谷知子教授の指導のもと、本学の学生が商品テーマとなる和歌の選定や商品のネーミング、パッケージ企画を行った和菓子「浜恋路(はまこひたび)」が2018年9月22日に発売されることになりました。




 「浜恋路(はまこひたび)」のモチーフとなった和歌は、百人一首「瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ」(77番・崇徳院)と「あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな」(56番・和泉式部)の二首です。どちらも「逢いたい」という思いを和歌に託した恋歌です。味は2種類あり、珈琲味(崇徳院)をかるたの取り札に、金柑味(和泉式部)を読み札に見立てて作りました。



 同商品は、本学の実践型教養教育として展開する「全学教養教育機構(CLA)」の科目の一つであり、実社会と結びついた課題を具体的に設定し、解決策や企画を立案・提案する方法を体験的に学ぶ「プロジェクト演習」の成果となります。
 商品の企画にあたっては、まず、谷教授と学生15名がコンセプトや引用する百人一首の和歌の選定、和菓子のネーミングやデザイン、販売促進(SNS)の検討などを、グループワークによる発表、意見交換を通じて行いました。その後、横浜元町 香炉庵様からのフィードバックや学生どうしの討議を重ね、このたび和菓子の発売に至りました。

<文学部日本語日本文学科 谷教授のコメント>
 2018年9月、百人一首の和歌をデザインした最中が誕生します。おそらく世界で初めての試みでしょう。しかも、和歌の選定、商品名、パッケージデザイン、しおり・ちらしは、全て学生が考案、製作しました。和菓子と百人一首、フェリスと横浜。和と洋が調和した、非常に質の高い商品が出来上がったと自負しています。学生の考案、提案をほぼ100%生かすかたちで、協定先の横浜元町 香炉庵様が商品化してくださり、9月22日以降、横浜元町本店、横浜そごう、新横浜駅等の実店舗で販売されます。横浜の地元の方々はもちろん、県外、海外からの観光客のお土産としても愛される商品となることを心から願っています。
 私の「プロジェクト演習」のテーマは「若者による文化の創造と発信」です。百人一首は鎌倉時代の京都で生まれた作品ですが、今回若者の手によって、和菓子というかたちで、現代の横浜の地に生まれ変わりました。日本の古典も過去の遺産として扱われるだけではなく、現代の生活や文化の中で生き続けなければならないと思います。今回の学生達の試みが、日本文化の発信に大きく寄与することを願ってやみません。

<「プロジェクト演習」 履修学生のコメント>
◆百人一首を和菓子という形で、現代に再生することができて、嬉しく思います。新たな角度から、百人一首を見ることで、より歌人の気持ちに寄り添えるようになりました(文学部日本語日本文学科2年 M.E)。
◆作品を完成させるにあたり、自分たちの考えたものが、相手にどう働き、相手の気持ちにどうアプローチをかけ、変化を起こさせるのかについて深く考えさせられました。商品開発を通して相手を思う「For Others」の心を養うことができたと思います(国際交流学部国際交流学科2年 K.T) 。
◆みんなで1から商品づくりをすることで、様々な意見をまとめる力、人に魅力を伝えるためのマーケティング力、プレゼン力が、授業を通して身についたと思います(国際交流学部国際学科2年 M.K)。

<「浜恋路(はまこひたび)」発売にあたってのイベント>
・9月29日(土) 横浜元町・香炉庵本店にて、学生が本商品を販売
・11月3日(土)、4日(日) 大学祭(Ferris Festival)にて、展示・販売を含む百人一首イベント実施

※「浜恋路(はまこひたび)」の詳細については、添付チラシをご覧ください。

【商品についてのお問い合わせ】
 株式会社 香炉庵 
 〒231-0861 横浜市中区元町1-40
 TEL/FAX: 045-663-8866 
 E-mail: eigyo@kouro-an.jp (広報担当: 齋藤雅也)
 URL: http://kouro-an.jp/



(関連記事)
・フェリス女学院大学が「全学教養教育機構(CLA)」プロジェクト演習を開講 -- 学生が企業・行政と連携し、課題解決に取り組む(2018.06.25)
 https://www.u-presscenter.jp/2018/06/post-39595.html

▼本件に関する問い合わせ先
企画・広報課
植村・粟原・敦賀
住所:〒245-8650 横浜市泉区緑園4-5-3
TEL:045-812-9624
FAX:045-812-8395
メール:kikaku@ferris.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
フェリス女学院大学
ホームページ
http://www.ferris.ac.jp/
代表者
秋岡 陽
上場
未上場
所在地
〒245-8650 神奈川県横浜市泉区緑園4-5-3
連絡先
045-812-8211

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所