「目の愛護デー」+「世界視力デー」=10月は「目の愛護月間」「JIN-仁-」×「アルコン」目の疾患啓発マンガシリーズをウェブ掲載

~脳外科医・南方 仁が、現代の最新治療で江戸時代の人々の目を救う!~



日本アルコン株式会社(代表取締役社長: ジム・マーフィー)とアルコン ファーマ株式会社(代表取締役社長: 小川 省一郎)は、10月10日の「目の愛護デー」および10月12日の「世界視力デー(World Sight Day)」にちなみ、10月を「目の愛護月間」として、人気医療マンガ「JIN-仁-」を使った、目の疾患啓発に関するオリジナルコンテンツをホームページ(https://www.alcon.co.jp/)上で掲載します。
『「JIN-仁-」×「アルコン」眼の章』と題し、10月10日から3週にわたり、毎週1本ずつ計3本を公開します。

今回、目の疾患が気になり始める40代から50代に人気の医療マンガ「JIN-仁-」にオリジナルのストーリーを載せ、老眼(10月10日公開予定)、糖尿病網膜症(10月17日公開予定)、白内障(10月24日公開予定)に関するコンテンツを順次公開します。「JIN-仁-」の主人公である南方仁先生が、タイムスリップした江戸時代で、これらの疾患や症状に悩む登場人物に現代の最新治療を伝授していきます。コンテンツは2018年1月上旬まで、3カ月の期間限定で公開されます。

日本アルコン株式会社とアルコン ファーマ株式会社は、この取り組みを通じて多くの方々に目の疾患や症状について知っていただき、目の検診の大切さを訴えていきたいと考えています。





■JIN-仁- について
村上もとか氏による人気の医療マンガです。主人公の南方 仁(脳外科医)が江戸時代へタイムスリップし、現代の医療の知識で多くの人々を救っていきます。「スーパージャンプ」(集英社)で2000年から2010年まで連載され、2011年には第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞しました。


■世界視力デー(World Sight Day)について
失明や視覚障害に対する意識向上と啓発を目的に、10月の第二木曜に設定されているもので、毎年世界各地で視力関連のイベントが行われています。

■日本アルコン株式会社について
日本アルコン株式会社は、ノバルティスグループのアイケア事業部門を担うアルコンの日本法人です。アイケアのリーディングカンパニーであるアルコンは、幅広い製品の提供を通じて人々のより良く見える、すこやかな毎日のために貢献することを使命としています。アルコンは、「アイケアのこれからを描く」を目的に、革新的な製品の開発、アイケアの専門家とのパートナーシップや質の高い治療へのアクセスを高めるためのプログラムを提供しています。

■アルコン ファーマ株式会社について
アルコン ファーマ株式会社は、スイス・バーゼル市に本拠を置くヘルスケアにおける世界的リーダー、ノバルティスの医薬品部門の日本法人ノバルティス ファーマ株式会社の販売提携会社です。ノバルティス ファーマ(株)の眼科領域事業部と日本アルコン(株)の医薬品事業本部が統合し、2017年に発足しました。日本における眼科医薬品分野のリーディングカンパニーを目指すとともに、一人でも多くの患者さんに「見えるよろこび」をお届けします。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ノバルティス ファーマ株式会社
ホームページ
https://www.novartis.co.jp/
代表者
綱場 一成
資本金
600,000 万円
上場
海外市場
所在地
〒105-6333 東京都東京都港区虎ノ門1丁目23番1号虎の門ヒルズ森タワー
連絡先
03-6899-8355

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+