チェコでアクティブな休暇を ~大自然を満喫できる絶景スポット~

チェコの魅力は歴史的建造物や芸術・文化イベントだけではありません。この土地にはいくつもの湖や川をはじめ、国立公園や低山などがあり、大人から子供まで誰でも楽しめます。日本の蒸し暑い夏を逃れて、チェコの大自然で夏を涼しく過ごしてみてはいかがでしょうか?

【ボヘミアン・スイス】http://www.czechtourism.com/jp/c/bohemian-switzerland-national-park/ 
チェコとドイツとの国境付近に広がる岩石の帝国、ボヘミアン・スイスは、チェコでも有数のフォトジェニックなスポットとして知られています。ハイキングをしていれば、砂岩、岩石の塔、橋、門など多彩な形状の奇岩群の世界があなたを待ち受けています。また、カメニツェ川の四季折々の渓谷美も見逃せません。川沿いの道をハイキングしながら幅の狭い吊り橋を渡ったり、急峻な渓谷をボートで川下りしたり、ボヘミアン・スイスでの自然体験は忘れられない体験になること間違いなしです。

【モラヴィアの大草原】http://www.czechtourism.com/jp/a/south-moravia/
テレビやSNSで「緑の絨毯」「自然の大海原」を見たことがありますか?南モラヴィア地方に広がる大草原はそのフォトジェニックさゆえに「モラヴィアのトスカーナ」との異名を持ちます。その色と装いは季節によって、黄色、緑、金色、白と変化します。モラヴィアの大草原を「ここで見られる」とピンポイントするのは困難なことですが、観光拠点としては、キヨフ(Kyjov)とフストペチェ(Hustopeče)の町をお勧めいたします。また南モラヴィア地方といえば、美しいブドウ畑も見逃せません。チェコワインの90%がこの地域で作られています。極上ワインを片手に絶景をご堪能ください!

【イェセニーキ山地】http://www.czechtourism.com/jp/s/jeseniky-walk/
ハイキングやサイクリングがお好きなら、イェセニーキ山地は見逃せません。チェコで二番目の高さを誇るこの山地では、深い唐檜の森、神秘的な湿原、深い谷、谷川の清流と瀑布などからなる手付かずの自然を堪能することができます。また、新鮮な空気もイェセニーキの魅力の一つです。イェセニーキ地方の中心には、中欧で最も澄んだ空気を誇る町があります。深呼吸を忘れずに。

【ドルニー・モラヴァの空中歩道】http://www.czechtourism.com/jp/c/sky-walk-dolni-morava/
空を歩いてみたいと思いませんか?その夢はチェコで叶うでしょう!ドルニー・モラヴァに2015年に設置された高さ55mの木の建造物「スカイ・ウォーク」を登れば、木のてっぺんよりもさらに高いところに!空中歩道は海抜1,116メートルの場所にあり、その頂上からは絶景が臨めます。戻り道は子供心を思い出して、全長101メートルのスライダーを利用してみては?

【シュマヴァ国立公園】http://www.czechtourism.com/jp/c/sumava-national-park/
中央ヨーロッパ屈指の自然景観が見られるシュマヴァ国立公園。チェコとドイツのバイエルン州との国境地帯に広がるこの深い森は、ヨーロッパ大陸最大の連続森林地帯を形成しています。この地域は長年にわたって厳しく立ち入りが禁止されていたので、自然の独特の美しさがそのまま保存されています。またヨーロッパ規模でもシュマヴァ国立公園はその自然の独自性が認められ、ユネスコの生物圏保護区として保護されています。チェコの象徴ともいえるヴルタヴァ川の源流を見ることも可能です。川のせせらぎと共に、スメタナの「モルダウ」の旋律が聞こえてくることでしょう。

【リプノ】http://www.czechtourism.com/jp/s/lipno/
シュマヴァでアクティブな休暇をお過ごしされるなら、リプノにも足を運んでください。チェコ最大の湖を誇るこの地域では、あらゆる水上スポーツを楽しむことができます。また、湖からさほど遠くない「ツリートップ・ウォーク」もお勧めなスポットです。ドルニー・モラヴァのスカイ・ウォークと同様、木のてっぺんよりもさらに高いところに登ることができます。その高さは40メートルにも及びますが、 坂道は緩やかなのでご心配ご無用。この構造物の一部には、展示などで学びながら歩けるルートや綱渡り体験ステーションなどもあります。

チェコ政府観光局 - チェコツーリズムは、ツーリズムを振興する様々な活動を通じて、チェコにおける観光の発展に努めています。多くの方にチェコの美を改めて認識していただくことを課題の一つとし、より魅力的な国と認識していただくことを目標としています。世界中で既に観光地として名声を博している首都・プラハのほか、地方の未だ発見されていない場所の魅力を皆様にご紹介することも大切な役割です。

チェコ政府観光局では:
1. 個人、グループでのプレス・トリップをサポートしています。チェコ共和国についての記事、番組を企画されるときはご相談ください。
2. FBページ「チェコへ行こう」では最新情報を発信しています。www.facebook.com/czechrepublic.jp/
3. ウェブサイトwww.czechtourism.comはジャーナリストの方、一般の方双方向けの信頼のおける情報源です。プレス専用ページ www.czechtourism.com/jp/press/home/
4. www.brand.czechtourism.czには無料でお使い頂ける多彩な写真が収蔵されています。


本件に関するお問合わせ先
チェコ政府観光局 - チェコツーリズム
麻生 理子
150-0012:東京都渋谷区広尾2-16-14チェコ共和国大使館B館2F
TEL:03-6427-3093 
E-mail:aso@czechtourism.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
チェコ政府観光局 - チェコツーリズム
ホームページ
https://www.visitczechrepublic.com/ja-JP
代表者
パヴリーク シュテパーン
上場
未上場
所在地
〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14チェコ共和国大使館B館2F
連絡先
03-6427-3093

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所