実用英語技能検定「準2級」、「3級」に来年度からライティングテストを導入、4技能化へ

  • 公益財団法人日本英語検定協会

~それに伴い「準2級」、「3級」の検定料を改定~

公益財団法人 日本英語検定協会(理事長:松川孝一、所在地:東京都新宿区、以下、「英検協会」)は、来年度 2017年度第1回 実用英語技能検定より、「準2級」、「3級」にライティングテストを導入することを発表いたします。

ここ数年、我が国の英語教育は、グローバル人材の育成を目的に、小学校、中学校、高等学校と継続して4技能(「読むこと」・「聞くこと」・「話すこと」・「書くこと」)を総合的に育成する方向で様々な取り組みが行われています。直近の動向では、2016年8月1日の中央教育審議会教育課程企画特別部会にて公表された「次期学習指導要領に向けたこれまでの審議のまとめ(素案)のポイント」において、次期学習指導要領の改訂の方向性として、「4技能の総合的育成」と共に「発信能力のさらなる強化」が掲げられ、今後、「話すこと」「書くこと」が特に重視されていきます。

英検協会では、このような4技能化の潮流に迅速に対応することが公益法人の責務と認識し、早くから実用英語技能検定全級の4技能化に着手し、まず今年度(2016年度)第1回検定から「2級」にライティングテスト、「4級」、「5級」にスピーキングテストを導入※1しました。そして、来年度(2017年度)第1回検定からは、「準2級」、「3級」にもライティングテストを導入します。これにより、 「4級」、「5級」を除く 、「3級」以上の全級で4技能化が実現します。

<2017年度以降 実用英語技能検定の各級における測定技能一覧>
※一覧は下記URLよりご覧いただけます。
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2016/pdf/20161014_pressrelease_writingP2_3.pdf

※1 2015年7月15日 プレスリリース:実用英語技能検定「2級」ライティングの導入、4技能化のお知らせ
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2015/pdf/20150715_pressrelease_writing2.pdf
2015年10月30日 プレスリリース:実用英語技能検定「4級」、「5級」 スピーキングテスト導入のお知らせ
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2015/pdf/20151030_pressrelease_4s5s.pdf

なお、「4級」、「5級」においても、できるだけ早い時期での実現を目指し、ただいま鋭意、準備を進めております。リリースできるタイミングが来ましたら速やかにご報告いたします。

【「準2級」「3級」ライティングテストのポイント】
2017年度より導入する、「準2級」、「3級」でのライティングテストの方針は以下のとおりです。

1)実用英語技能検定の各級の程度を示す協会独自の審査基準に基づくレベルの設問である。
2)中学校、高等学校の学習指導要領の目指す方向性と合致した設問である。
3)国際基準規格 CEFRレベル(準2級はA2レベル、3級はA1レベル)と整合性を持たせた出題である。
4)記述式の自由英作文で、与えられた質問に対し自分の意見とその裏付けとなる理由を、適切な語彙と文法を使用しながら英文で論述する能力を問う。
5)ライティングテスト導入に伴い、短文中の語句整序問題(3級は日本文付き)の出題は廃止。
6)形式改定に伴い、準2級と3級の筆記試験の解答時間をそれぞれ10分延長し、準2級は65分から75分に、3級は40分から50分になる。その他の級につきましては、試験時間の変更はない。

【「準2級」、「3級」ライティングテストの問題例 および 満点解答例】

 <「準2級」ライティングテストの問題例(見本)>
●あなたは、外国人の知り合いから以下のQUESTIONをされました。
●QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい。
●語数の目安は50~60語です。
●解答は、解答用紙のB面にあるライティング解答欄に書きなさい。なお、解答欄の外に書かれたものは採点されません。
●解答がQUESTIONに対応していないと判断された場合は、0点と採点されることがあります。QUESTIONをよく読んでから答えてください。

QUESTION
Do you think students should take part in club activities at school?

[準2級・満点解答例]
I think that students should take part in club activities. I have two reasons. First, students can make friends. For example, I met many nice people when I joined the art club. Second, they can become healthier. If they join a sports team, they will exercise every day. That is why I think they should join club activities.  (58 語)

<「3級」ライティングの問題例(見本)>
●あなたは、外国人(がいこくじん)の友達(ともだち)から以下(いか)のQUESTIONをされました。
●QUESTIONについて、あなたの考えとその理由(りゆう)を2つ英文(えいぶん)で書(か)きなさい。
●語数(ごすう)の目安(めやす)は25~35語(ご)です。
●解答(かいとう)は、解答(かいとう)用紙(ようし)のB面(めん)にあるライティング解答欄(かいとうらん)に書(か)きなさい。なお、解答欄(かいとうらん)の外(そと)に書(か)かれたものは採点(さいてん)されません。
●解答(かいとう)がQUESTIONに対応していないと判断(はんだん)された場合(ばあい)は、0点(てん)と採(さい)点(てん)されることがあります。QUESTIONをよく読(よ)んでから答(こた)えてください。

QUESTION
What is your favorite season?

[3級・満点解答例]
My favorite season is summer. I like summer the best because it has a long vacation. Also, my friends and I can go swimming in the sea.  (27語)

【「準2級」、「3級」の検定料改定について】
このたびの「準2級」、「3級」へのライティングテストの導入にあたり、慎重に検討を重ねた結果、「準2級」、「3級」各級で検定料の見直しの必要性が生じ、受験者様のご負担を最小限に留める範囲で、改定させていただくことになりました。
改定後の検定料は以下のとおりです。

<2017年度 第1回検定からの検定料(税込)>
※検定料の一覧表は下記URLをご参照ください。
http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2016/pdf/20161014_pressrelease_writingP2_3.pdf

■本会場
1級:8,400円
準1級:6,900円
2級:5,800円
準2級:5,200円(現在4,500円)
3級:3,800円(現在3,200円)
4級:2,600円
5級:2,500円

■準会場
1級:実施無し
準1級:実施無し
2級:5,400円
準2級:4,800円(現在4,100円)
3級:3,400円(現在2,800円)
4級:2,100円
5級:2,000円

英検協会は、このたびの英検4技能化に向けた取り組みに限らず、今後とも、時代に即した我が国の英語教育に迅速に対応するための仕組み作りを行い、ひいては英語学習者の英語力向上に貢献するために尽力してまいります。



■公益財団法人 日本英語検定協会について
公益財団法人 日本英語検定協会は、「実用英語の普及と向上」を目的に1963 年に設立されました。以来、実用英語技能検定の実施・運営のほか、児童向けの「英検Jr.(旧・児童英検)」やビジネスパーソン向け英語能力テスト「BULATS(ブラッツ)」、留学・海外移住のための英語運用能力試験である「IELTS(アイエルツ)」、大学入試に対応した4技能型アカデミック英語能力判定テスト「TEAP(ティープ)」、さらには英語教育に関する優秀な研究企画に助成金を交付する「英検研究助成」制度など、実用英語の普及・向上に向けた様々な取り組みを展開しております。2012 年4 月、内閣府からの認定書交付を受けて正式な団体名称を「公益財団法人日本英語検定協会」に改めています。
英検協会ウェブサイト:http://www.eiken.or.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
公益財団法人 日本英語検定協会 広報担当
TEL:03-3266-6840  FAX:03-3266-6570  E-mail: kouhou21@eiken.or.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
公益財団法人日本英語検定協会
ホームページ
http://www.eiken.or.jp/
代表者
松川 孝一
上場
未上場
所在地
〒162-8055 東京都新宿区横寺町55

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+