摂南大学のリリース一覧

学生アスリートの深刻な腸内環境が判明 コハク酸値が大腸炎患者レベル 食物繊維摂取で劇的な改善も期待 -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)農学部応用生物科学科井上亮教授とスポーツ振興センター瀬川智広准教授、農学部食品栄養学科藤林真美教授、京都府立医科大学のチームは本学ラグビー部員の腸内環境調査を行い、学生アスリートの腸内環境が深刻な状況であることを明らかにしました。この研究により学生アスリートの栄養...

AI開発で障がい者の雇用を創出!学生が受賞したSDGsビジネスアイデアを実用化へ -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)経営学部経営学科の塚田義典准教授、社会福祉法人太陽の家(大分県別府市)、株式会社エー・ディー・イー(大分県別府市)の3者は、AI開発で障がい者の就労支援を目指す共同研究を開始します。 【本件のポイント】 ● Society 5.0やDX(デジタルトランスフ...

細胞への遺伝子導入効率が100倍に!新しい培養方法でゲノム研究を大きく進める手法開発 -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)農学部応用生物科学科ゲノム生物学研究室の小保方潤一教授と京都府立大学生命環境科学研究科植物ゲノム情報学研究室は、植物細胞への遺伝子の導入効率を従来法に比べ100倍以上向上させる実験手法を開発しました。 【本件のポイント】 ● 植物細胞への遺伝子の導入効率...

遺伝子誕生の謎 世界初の解明 ゲノム生物学研究室 転写能獲得に新旧遺伝子で綱引き -- 摂南大学

摂南大学(学長:荻田喜代一)農学部応用生物科学科ゲノム生物学研究室の小保方潤一教授と京都府立大学大学院生命環境科学研究科の畑貴之学術研究員らの研究チームは、真核ゲノムで新しい遺伝子が誕生するとき、最初の転写がどのように生じるのかを、世界で初めて実験的に明らかにしました。 【本件のポ...

農業生産学科 石川幸男教授が今年度の「日本農学賞・読売農学賞」を受賞 -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)農業生産学科 石川幸男教授がこれまで長年にわたって行った3つの研究成果をまとめた「害虫防除に向けたガ類の性フェロモンにおける分子基盤研究と新規生殖操作・配偶行動の発見」が2021年度日本農学賞・読売農学賞を受賞しました。日本農学賞は、日本の農学研究者間における最高...

入学宣誓式と新入生歓迎行事を大阪城ホールで対面実施 保護者・昨年度入学生向けにライブ配信も -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)は4月7日、大阪城ホール(大阪市中央区)で入学宣誓式と新入生歓迎行事を実施します。新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、約2,300人の新入生を迎えます。 【本件のポイント】 ● 新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、大阪城ホールにて対面で実施 ● ...

卒業生らがオンライン上で母校に集う バーチャルキャンパスでホームカミングディを初開催 -- 摂南大学

摂南大学(大阪府寝屋川市)は、本学卒業生を対象に1日限りのオンラインバーチャルキャンパスを設置し、母校の恩師と交流する2020年度ホームカミングディを初開催します。 【本件のポイント】 ●コロナ禍の「今だからこそ」の企画として、オンラインによるホームカミングディを初開催 ●デジ...

卵巣がん転移を抑える新しいメカニズムの解明 セラミド合成酵素2の活性化で卵巣がん細胞の運動能低下 -- 摂南大学薬学部・北谷和之講師ら

摂南大学(大阪府寝屋川市)薬学部の北谷和之講師と東北大学大学院医学系研究科の八重樫伸生教授、金沢医科大学総合医学研究所生命科学研究領域の谷口真講師らの国際共同研究グループは、卵巣がんにおける転移の新たなメカニズムとして、脂質の1種であるセラミド=注1=を生成するセラミド合成酵素2(CerS...

学生が制作したフィッシング被害防止動画に大阪府警察が感謝状 -- 摂南大学

12月22日、摂南大学(大阪府寝屋川市)寝屋川キャンパスで大阪府警察本部サイバー犯罪対策課主催の「学生達が考えるネットリテラシー向上啓発作品 オンライン表彰授与及び感謝状贈呈式」が開催され、同大経営情報学科の学生ら4人が制作したフィッシングサイトへの注意を啓発する「偽通販サイト被害防止」動...

新型コロナ 学生を無料ランチで支援 摂南大学が2400食

摂南大学(大阪府寝屋川市)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、生活が厳しくなっている本学の学生に向けて無料の「学生応援ランチ」の提供を始めています。 【本件のポイント】 ● コロナ禍の中、厳しい生活を強いられている学生に無料のランチ券を配付 ● 全学生を対象に2400食...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所