金沢工業大学のリリース一覧

「富山県インターンシップ説明会」を開催 -- 金沢工業大学

金沢工業大学では、富山県出身の学部3年次および大学院博士前期課程・修士課程1年次を対象とした「富山県インターンシップ説明会」を、平成29年5月8日(月)16時40分から18時10分まで、扇が丘キャンパス23号館23・218室で開催する。当日は、富山県商工労働部労働雇用課雇用対策係長の廣瀬智範氏...

学部2年次生がチームで課題を発見し解決策を創出・提案する必修科目「プロジェクトデザインII」 -- 野々市市・金沢市が抱える問題について市担当者がテーマ説明会を開催 -- 金沢工業大学

金沢工業大学は、2年次前学期必修科目「プロジェクトデザインII」で取り組む研究テーマについて、野々市市、金沢市の自治体職員から直接説明を受け、取り組む問題への理解を深めるテーマ説明会を、4月14日(金)15時から16時20分まで扇が丘キャンパス7号館で実施する。  金沢工業大学は、チームで...

「DK art cafeプロジェクト」が初の吉本興業とコラボレーション -- 共創イベントとして街中・漫才ライブを開催、竪町商店街の活性化を目指す -- 金沢工業大学

金沢工業大学の課外活動プログラム「地方創生・商店街活性化・DK art cafeプロジェクト」は、吉本興業と共同で4月14日19時より金沢市竪町商店街の活性化イベント「吉本・漫才ライブ:ぶんぶんボウルの就活塾」をDK art cafeで開催する。イベントでは、吉本興業の住みます芸人・ぶんぶんボ...

重量床衝撃音を低減させて室内の静ひつ性を高めるTMD内蔵スラブを開発 -- 金沢工業大学 建築学科 山岸教授らが開発

金沢工業大学建築学科の山岸邦彰教授は、三井住友建設株式会社と油化三昌建材株式会社と共同で重量床衝撃音を低減できるスラブ(“SST”; Silent Slab using TMD、特許出願中)を開発した。重量床衝撃音とは子供の飛び跳ねや人の歩行により生じる低く、鈍い音のことで、マンションなどの集...

『ビジネス×知財』の金沢工業大学社会人大学院イノベーションマネジメント研究科が入学式を挙行

第一線で活躍するプロフェショナルが教える1年制社会人大学院 『ビジネス×知財』の金沢工業大学社会人大学院 イノベーションマネジメント研究科が入学式を挙行  金沢工業大学(石川県野々市市)は、社会人対象の1年制大学院「K.I.T.虎ノ門大学院」(大学院イノベーションマネジメント研究科、キャン...

報道関係者を対象に3月29日(水)夢考房(41号館)新建屋見学会を開催 -- 金沢工業大学

2つの夢考房の機能を統合し、ものづくりのワークスペースがさらに充実。新建屋の完成により、金沢工業大学の正課・課外の教育がさらに充実する。  金沢工業大学では、扇が丘キャンパス(石川県野々市市)で平成28年4月から建設を進めていた夢考房41の新建屋(鉄骨造 地上4階建 延床面積4993.51...

ディープラーニングによる「脳波を用いた電動車いす制御システムの研究」が評価 -- 情報工学科 中沢実教授が情報処理学会山下記念研究賞を受賞 -- 金沢工業大学

金沢工業大学 工学部情報工学科 中沢実教授が「脳波からの指示による電動車いす制御システムの実装と評価」で、2016年度情報処理学会山下記念研究賞を受賞した。山下記念研究賞は、情報処理学会が主催する研究会およびシンポジウムにおける研究発表のうち、特に優秀な論文の発表者に授与される賞で、初代情報処...

独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を開催 -- 「オリンピック・パラリンピックと地方創生」~金沢からオリンピック・パラリンピックに参加しよう!~金沢工業大学

金沢工業大学では学生、社会人を対象とした独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を「オリンピック・パラリンピックと地方創生~金沢からオリンピック・パラリンピックに参加しよう!~」をテーマに、2017年3月18日(土)から20日(月)まで、金沢工業大学扇が丘キャンパス12号館1Fアント...

金沢工業大学が、国連に加盟する193国が達成を目指すSDGs(持続可能な開発目標)に貢献する取り組みを開始 ~取り組みの第一弾として、日本初となるSDGsビジネスアワードを創設~

金沢工業大学経営情報学科平本研究室では、国連に加盟する193国が達成を目指すSDGs(持続可能な開発目標)に貢献する取り組みを開始した。その活動の第一弾として、主要シンクタンク有識者、一般社団法人BoP Global Network Japanと連携して、日本初となるSDGsビジネスアワードを...

金沢工業大学が地域貢献の一環として自治体と連携し、イベントFM放送局を開局 -- 手取扇状地まつりイベントの情報を発信するとともに、将来的には災害情報発信拠点としての役割も視野に入れ放送

金沢工業大学が地域貢献活動の一環として参画する「手取扇状地まつり発信実行委員会」(実行委員長:河合儀昌・金沢工業大学理事・産学連携局長。副委員長:大久保邦彦・野々市市教育文化部長)が、平成29年3月10日、総務省北陸総合通信局からイベントFM放送局の免許を交付された。  開設されたFM放送...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+