神戸志民党のリリース一覧

地方議員公開講座「地方創生時代のガバナンス」〜地域民主主義と地域政党〜

二元代表制のあるべき姿~議会の自立なくして地方の自立なし!と元三重県知事・早稲田大学マニフェスト研究所顧問は北川正恭氏は語り、 山梨学院大学教授 江藤 俊昭氏は自立型ガバナンスのあり方~地域政党の可能性を考える!!
開催日 11月12日(日)13時~17時 場所  山梨県甲府市 山梨学院大学(JR中央線酒折駅下車徒歩3分、JR身延線善光寺駅下車徒歩12分) 会費  議員2000円 一般500円 内容  13:00 第一部開会           基調講演1:二元代表制の目指すべきもの ...

9月21日 三宮再整備を検証するセミナー開催!

神戸市による三宮再整備の計画概要が発表されました。三宮主要6駅を含む半径500mの区域を歩行者天国にするため、三宮駅南側交差点への一般車両交通を遮断するというものです。交通渋滞を引き起こすのでは?周辺の商業者への影響は? 建築家の竹山清明氏をお迎えし、再整備計画の現況と問題点をお聞きします。
三宮再整備を検証するセミナー 主催:「神戸をよくする会」    「神戸をほんまの文化都市にする会」 日時 :2017年9月21日(木)  19:00~20:30 場所 :兵庫県私学会館(元町駅北側)     神戸市中央区北長狭通 4-3-13 参加費:200円(資料...

神戸志民党 補欠選挙を見据え、西区支部長に香川真二。

度重なる政務活動費の不正問題。某有名人との不倫問題も含め、10月22日に4区6人の神戸市会議員補欠選挙が行われる。神戸志民党 西区支部長となった香川真二は政務活動費だけでなく、港島の不正補助金問題も併せて徹底追及し、神戸市の大掃除に立ち上がります!
【神戸志民党 西区支部長 香川真二】 1976年12月23日、広島市生まれ。兵庫県立保健福祉短期大学・神戸大 学大学院修士課程修了・兵庫医科大学大学院博士課程修了。 1999年 兵庫県立総合リハビリセンター、2006年 兵庫医科大学病院、 2008年 兵庫医療大学。2011年NPO...

神戸志民党が神戸市営地下鉄の民営化と神戸ルミナリエの改善策を政策提言!

停滞する神戸市の活性化のため神戸志民党は、市営地下鉄の売却・民営化によるサービスの向上、民間主導の沿線開発を提言しました。また、犠牲者の鎮魂と復興の夢を絶やさないため、来場者数の減少が止まらない神戸ルミナリエについて、改善策を提案しました。
【神戸市営地下鉄の民営化について】 大阪市営地下鉄の民営化が議会で承認され進む中、神戸市においても地域政党・神戸志民党は神戸市営地下鉄の民営化と阪急電鉄などへの事業売却を提言しました。平均給与が約1000万円前後という高コスト体質にも関わらず、利益率35%の高収益事業である西神・山手線。とこ...

神戸の地域政党「神戸志民党」が2月21日(土)市政・県政報告会を開催します。

「神戸市民が主役の街づくり」を推進する神戸に本拠地を構える政党として平成26年3月3日に旗揚げした神戸志民党(代表 樫野孝人 幹事長 平野章三)は来る2月21日(土)、神戸国際会館にて市政・県政報告会を開催いたします。
神戸志民党結党からまもなく1年、神戸志民党市会議員団(平野章三、大石よしのり)結成から10ケ月あまり。 独自のウネリと市民の皆さんの様々なご要望をお聞きしながら、「志民が主役の街づくり」を目指して活動しております。 この度、以下の日程で市政・県政報告会を開催する運びとなりました。 議員団...

神戸志民党第三次公認 市政・県政担当を発表

「神戸市民が主役の街づくり」を推進する神戸に本拠地を構える政党として平成26年3月3日に旗揚げした神戸志民党(代表 樫野孝人 幹事長 平野章三)はこの度、あらたに3名を公認し、公認候補は総勢15名となりました。
この度の公認は以下の3名です。 [市政担当] 【須磨区】 ■大石欣則(おおいしよしのり) 53歳 神戸市会議員 神戸市立魚崎小学校、甲南中学校、甲南高等学校、甲南大学経済学部卒業。 団体職員、企業経営の経歴と、商店街会長、商工会議所青年協議会会長等まちづくりの経験を市政に活かすべく、...

かしのたかひとに最高のエールを! ついに「応援歌」が登場!

垂水のスター☆ シローさん作詞作曲! 完全オリジナルの「かしのたかひとの応援ソング」がYOUTUBEで公開されています。利権、しがらみとは全く無縁、ただ「神戸をもっと良くしたい」との想いで集まったスタッフたちとの活動の軌跡を綴った写真もご覧いただけます。
4年間の活動で知り合い、仲間になり、語り、共に「神戸の再生」を目指す多くの仲間たち。作詞・作曲・演奏・ボーカル、動画編集すべてボランティア。神戸は「なにやら熱い…。」市民が主役の街づくりがいよいよ始まります。ぜひご注目ください。 ■「かしのたかひと応援ソング」は以下のサイトで視聴いただけ...

【盛会御礼!】かしのたかひと×湯崎英彦×江口カン 「おしい!広島県」のヒットの秘密と東京五輪に向けた神戸ポートピア2018を語る

東京五輪に向かって神戸は、地方都市は何にどう取組むべきか?地方自治体に求められるものはなにか? 数々のエピソードを交えながらのお話に会場は笑いあり、拍手あり、歌あり(?)の盛会となりました。ありがとうございました。
ゲストのおふたりからメッセージをいただきました 湯崎英彦さん 私の家内も神戸出身で、いつも神戸によくなってほしいと思っている。家内の神戸にいる友人たちも皆そう思っている。 今、行政のトップに求められるのは、国から予算を取ってくるとか、議会調整がうまいとかではありません。昔はお金をどう...

高い運賃、年15億円の市税投入。「神戸市営地下鉄」を神戸市民はいつまで支えなければならないのか?

かしのたかひとは「神戸の再生」の施策のひとつに「神戸市営地下鉄の民営化」を唱えています。運賃の適正化、財政負担の軽減により市民の足を守る、行政サービスを充実させるための財源を確保するための具体的プランとして必要性を訴えてきました。
先日開催されました神戸市長選挙立候補予定者の討論会においても訴えたこの施策について、ある候補者から「絵空事」との発言がありました。財政負担の軽減は市民生活に直結する大切な問題であり、市民の関心も高いことから、「神戸市営地下鉄民営化」がいかに重要な施策か、また「絵空事」ではなく充分に実現可能であ...

神戸を変えるシンポジウム「組織を変える個人力」のパネルディスカッションの模様を公開いたしました。

去る9月7日(土)に開催されました「神戸を変えるシンポジウム」で、かしのたかひと、佐賀県武雄市長 樋渡啓祐氏、横須賀市長 吉田雄人氏、モデレーターに吉川稔氏をお迎えして実施したパネルディスカッションの模様を以下のサイトに公開しました。ぜひご覧ください。
*****神戸を変えるシンポジウム「バカもの『市長』の組織を変える個人力」***** 以下のサイトでご覧ください http://nextmayor.net/ ■パネリストプロフィール かしのたかひと(樫野孝人) 神戸リメイクプロジェクト代表 1963年神戸市須磨区生まれ 50...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+