学校法人藍野大学のリリース一覧

学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校との高大連携に関する協定の締結

学校法人藍野大学 びわこリハビリテーション専門職大学(学長:山川 正信)は2020年1月14日、学校法人ヴォーリズ学園 近江兄弟社高等学校(校長:池田 健一)と高大連携に関する協定書を締結しました。今後、「大学施設での模擬授業の実施」や「高等学校への出前授業」、「高等学校クラブ活動支援」な...

びわこリハビリテーション専門職大学の山川正信学長予定者が草津市長(滋賀県)を表敬訪問

 学校法人藍野大学が、橋川 渉 草津市長を表敬訪問し、滋賀県初となるリハビリ系四年制大学「びわこリハビリテーション専門職大学」の開学を目前に控え、これから深く専門の学芸を追求する大学教育に加え、「実践的な職業教育」及びますます高度化する専門分野を「新たな発想で新サービスを創造できる人材の育...

【びわこリハビリテーション専門職大学】新春座談会についての記事が滋賀報知新聞に掲載されました

 滋賀報知新聞社の企画で、学校法人藍野大学、東近江市、滋賀報知新聞社の産学官による「びわこリハビリテーション専門職大学」(滋賀県東近江市)の開学を目前に控えた座談会が開催され、その様子が滋賀報知新聞(令和2年1月1日号)に掲載されました。  座談会は、学校法人藍野大学 小山英夫理事...

滋賀県内が「ONE TEAM(ワンチーム)」となって、リハビリ人材不足の改善に取り組む~学校法人藍野大学 「びわこリハビリテーション専門職大学 開学に向けた報告会」~

来年4月に誕生する『学校法人藍野大学 びわこリハビリテーション専門職大学』の開学に向けた報告会を11月9日(土)滋賀県の大津プリンスホテルにて開催しました。地元関係者である滋賀県副知事や国会議員、東近江市長をはじめ、県・市議会議員、県内の大学、高等学校、医療・福祉施設、企業から総勢250名...

次世代のスポーツ産業で活躍する人材の輩出 びわこリハビリテーション専門職大学×滋賀レイクスターズ

学校法人藍野大学は、リハビリテーション専門職の活躍の場を拡大する一環として、次世代のスポーツ産業で活躍する人材輩出に取り組むため、2020年4月に設置するびわこリハビリテーション専門職大学とB.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「滋賀レイクスターズ」におけるアカデミックパートナー...

『中国重慶行知教育グループ会長ならびに豪邁グループ会長が学校法人藍野大学を視察』

10月23日(水)、中華人民共和国において、教育事業を展開する中国重慶行知教育グループ会長の呉 安鳴女史ならびに中国山東青島グループ会長の閻 芹女史が学校法人藍野大学を訪問され、「学力だけではない豊かな人格形成に資する教育の充実」および「教学運営の充実」を目的とした視察を行いました。 ...

藍野大学、藍野大学短期大学部、藍野高校が10月26日(土)~27日(日)に「あいの祭」を開催 -- テーマは「make everyone smile」

藍野大学、藍野大学短期大学部、藍野高校(大阪府茨木市)では、3校合同による学園祭「あいの祭」を開催します。学生・生徒の企画・運営のもと、お笑いイベントやアーティストライブ、模擬店の出店を実施するほか、入試個別相談会を同時開催します。ぜひご来場ください。 ■「あいの祭」概要 【日...

びわこリハビリテーション専門職大学開学記念プレイベント 映画『栞』上映会

これは、ある一人の理学療法士の物語です。 『ローリング』などの三浦貴大さん演じる理学療法士の青年“雅哉”。病院という身近な人の死を経験する場所で、理学療法士として雅哉が選択していく生き方とは…。 元理学療法士の榊原有佑監督がメガホンを取り、主人公の妹を白石聖さん、父親をベテランの鶴見辰吾さ...

学校法人藍野大学が東近江市長を表敬訪問

学校法人藍野大学が、小椋正清東近江市長を表敬訪問し、東近江市に立地するリハビリ系四年制大学「びわこリハビリテーション専門職大学」が文部科学省より設置認可された旨を報告しました。 これからも東近江市と連携し、本大学の地元である東近江市がますます「夢と希望に満ちた活気あふれる豊かなまち」となる...

学校法人藍野大学が滋賀県知事を表敬訪問

学校法人藍野大学が、三日月大造滋賀県知事を表敬訪問し、滋賀県初となるリハビリ系四年制大学「びわこリハビリテーション専門職大学」が文部科学省より設置認可された旨を報告しました。 今後もより一層、滋賀県と連携し、地域の課題解決や発展へと導くさまざまな事業に取り組んでいきたいと考えています。 ...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所