ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社のリリース一覧

ボストン・サイエンティフィック ジャパンの新代表取締役社長に森川 智之が就任

~現代表取締役社長のスティーブン・モースはアジア・パシフィック プレジデント兼代表取締役会長に就任~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、2022年5月2日付で、現副社長兼インターベンショナル・カーディオロジー事業部長の森川 智之(さとし)が新代表取締役社長に就任することをお知らせいたします。 現代表取締役社長の...

動脈塞栓療法に用いる動脈塞栓材『DCビーズ®』の製造販売承認を取得

インターベンショナルオンコロジー領域をさらに拡充
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、多血性腫瘍(子宮筋腫を除く)に対する動脈塞栓療法に用いる動脈塞栓材『DCビーズ』を、2022年3月より販売開始したことをお知らせいたします。 『DCビーズ』は、架橋化ポリビニル...

ボストン・サイエンティフィック ジャパン、発作性心房細動治療における「POLARxTM 冷凍アブレーションシステム」の段階的販売開始

~ボストン・サイエンティフィックの革新的な新製品で、医療従事者へ新たな治療選択肢を提供~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、発作性心房細動の治療法の一つである冷凍焼灼術(冷凍アブレーション)で使用する「POLARxTM 冷凍アブレーションシステム」の薬事承認を2021年7月21日に取得、また、9月1日に保...

非弁膜症性心房細動による脳卒中を予防する次世代「WATCHMAN FLX(TM)左心耳閉鎖システム」新発売

~多様な左心耳形状への適合、手技性能と安全性の向上を目指した設計~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、左心耳閉鎖術において多様な左心耳形状に適合し、さらなる手技の安全性の向上に寄与する次世代「WATCHMAN FLX(TM)左心耳閉鎖システム」を発売いたしました。本製品はWATCHM...

~キャリア・働き方の多様性を推進~ 新しい働き方 ハイブリッド勤務体制を加速する人事制度を導入し、東京本社オフィスをリニューアル

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、この度、社員のキャリア・働き方の多様性を推進する「WOW!プロジェクト(Ways of working)」の一環として、2021年6月より勤務制度を改定し、東京本社オフィスをリニュー...

腎癌の冷凍療法に用いられる冷凍手術器の承継により、 インターベンショナルオンコロジーポートフォリオを拡充

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、腎癌の凍結療法として使用される冷凍手術器「Visual-ICE®」と「CryoHit®」の製造販売承認が当社に承継されたことに伴い、本製品の販売が富士フイルムヘルスケ...

病気に気づかない“隠れ”前立腺肥大症に注意  前立腺肥大症の疾患啓発サイト「前立腺肥大症の治療.jp」を開設

コロナ禍で受診控えも増加。病気に関する情報やセルフチェック、治療法、また専門医からのメッセージなどを紹介
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、前立腺肥大症の可能性がある方、現在治療を行っている方、またそのご家族の方向けに、前立腺肥大症の症状や治療法をご紹介する疾患啓発サイト「前立腺肥大症の治療.jp」を開設しました。 ...

医療機器・器具製造業では初となる 厚生労働省主催「グッドキャリア企業アワード2020」イノベーション賞を受賞

~厚生労働省主催 従業員の自律的なキャリア形成に取り組む企業を表彰~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、この度、従業員の自律的なキャリア形成を積極的に取り組む企業に贈られる、厚生労働省主催「グッドキャリア企業アワード2020」のイノベーション賞を、医療機器・器具製造業の...

ボストン・サイエンティフィック ジャパン、両室ペーシング機能付き植込み型除細動器RESONATE(TM) X4 CRT-Dが2020年9月より新区分での保険適用

~「ENDURALIFE(TM)バッテリー」の電池寿命の延伸と交換回数の減少を証明、 患者の感染症リスクと負担の軽減に期待~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:スティーブン・モース)は、長寿命バッテリー「ENDURALIFE™」をもつ両室ペーシング機能付き植込み型除細動器RESONATE™ X4 CRT-Dが、2020年9月より新区分での保険...

心房細動による脳卒中リスクを知らない人は7割/10月29日は「世界脳卒中デー」 一般生活者5,820名、患者さん600名を対象に脳卒中の主要原因である心房細動に関する意識調査を実施

~脳卒中により要介護になる可能性も~
ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:内木祐介)は、10月29日の「世界脳卒中デー」の機会に、また、脳卒中の発症が多くなると言われる冬の本格到来を前に、脳卒中を引き起こす主要な原因の一つである心房細動に関する意識調査を実施いたしました。本調査は、...

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所