聖心女子大学が重要文化財「旧久邇宮邸」を一般公開 -- 和風基調で建築された宮家本邸の唯一の現存例



聖心女子大学(東京都渋谷区)は2020年3月16日(月)より、キャンパス内に残る「旧久邇宮邸」の一般公開を行う。旧久邇宮邸御常御殿(通称「パレス」)は和風基調で建築された宮家本邸の唯一の現存例であり、皇室建築の系譜を考える上で「意匠的に優秀なもの」「学術的価値の高いもの」として2017年に国の重要文化財に指定された。また、1924(大正13)年に久邇宮家の長女の良子(ながこ)女王(後の香淳皇后)が皇太子殿下(後の昭和天皇)と御成婚の折、宮中へ御出立された表玄関車寄も見ることができる。入場は要予約・無料。





 旧久邇宮邸は、聖心女子大学が1948(昭和23)年の創立と同時に譲り受け、現在も学生の課外活動や授業等に利用されている。年に数回、一般公開も行っており、このたびの概要は以下の通り。


◆2020年春 聖心女子大学 重要文化財「旧久邇宮邸」一般公開
【公開期間】

 2020年3月16日(月)~3月20日(金・祝)
【予約期間】
 2020年3月2日(月)~3月13日(金)
【予約フォーム】

※予約開始日に本学公式サイトに公開します。
https://www.u-sacred-heart.ac.jp/event/20200203/3053/
【予約受付時間】
 平日9:00~17:00
【入場】
 無料
【場所】
 聖心女子大学(〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-3-1)
【内容】
 本学学生・職員等の説明ガイドが、建物の内部をご案内します。所要時間1時間程度。各回定員15名。
・見学ツアー 10:30~、13:00~、14:30~※
※14:30~のツアーは英語での説明も可能です。
【注意事項】
・希望者多数の場合は先着順とします。
・複数名で参加ご希望の場合は、原則5名までとします。
・複数回のお申し込みはできません。


(参考)
・聖心女子大学キャンパス内の旧久邇宮邸(通称「パレス」等)が、国の重要文化財に指定へ(2017.10.21)
 https://www.u-presscenter.jp/2017/10/post-38216.html

▼本件に関する問い合わせ先
聖心女子大学 広報課
福田・小島
住所:東京都渋谷区広尾4-3-1
TEL:03-3407-5076
FAX:03-3407-5929
メール:koho@u-sacred-heart.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
聖心女子大学
ホームページ
http://www.u-sacred-heart.ac.jp/
代表者
岡崎 淑子
上場
未上場
所在地
〒150-8938 東京都渋谷区広尾4丁目3-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所