ニュルブルクリンク耐久レースに「PROXES」装着車両で参戦

サステナブル素材を採用した専用レースタイヤを投入

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、ドイツ・ニュルブルクリンクで本年5月30日(木)から6月2日(日)にかけて開催される「ニュルブルクリンク24時間耐久レース※1」および4月5日(金)から開幕する年間シリーズ戦の「NLS耐久シリーズ※2」に、当社グローバル・フラッグシップブランド「PROXES(プロクセス)」の専用レースタイヤを装着した車両で参戦しますのでお知らせいたします。
※1 正式名称:The ADAC RAVENOL 24h Nürburgring/※2 正式名称:Nürburgring Langstrecken Serie


(昨年の参戦時の様子)

「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」は、世界でも有数の過酷な耐久レースとして知られています。
本レースの舞台となるニュルブルクリンクは、ラインラント=プファルツ州(ドイツ)のニュルブルクに位置し、約5kmのGPコースと約20kmのノルドシュライフェ(北コース)から構成される全長約25kmのサーキットです。特に北コースは300mもの標高差や170ヵ所以上のコーナーなど過酷な条件を備えています。そのラップタイムは車両の性能を測るひとつの指標になり、多くの自動車メーカーやタイヤメーカーが製品の性能を追求する場として活用しています。この24時間耐久レースに参戦するドライバーがコースの習熟や実戦テストなどを目的として出場する「NLS耐久シリーズ」は、4時間から最長6時間までのレースプログラムを年間6回にわたり開催しています。

当社は昨年に引き続き、数々の入賞実績を持つレーシングチーム「Ring Racing」協力のもと、参戦車両「TOYOTA GR Supra GT4 EVO」向けに開発した専用レースタイヤ「PROXES Slicks(ニュルブルクリンクスペック)」を装着し、レースに臨みます。また、PROXESブランドアンバサダーである木下隆之選手が当社のサポートドライバーとして全レースに参戦します。そして、本年のニュルブルクリンク24時間耐久レースではSP10※3クラス優勝を、NLS耐久シリーズではシリーズチャンピオン獲得をめざします。
※3 グループGT4カテゴリ

なお、本製品の原材料の一部にはサステナブル素材※4を採用しています。当社は過酷な本耐久レースでの走行経験を通じて得るデータや知見を今後の高品質、高機能商品の開発に生かすとともに、方針として掲げる「持続可能なモビリティライフの実現」に寄与してまいります。
※4 植物由来オイル、もみ殻シリカ、再生ビードワイヤーを採用

以 上
(ご参考)

■木下隆之選手
プロレーシングドライバーとして全日本ツーリングカーレースをはじめ、スーパーGT、スーパー耐久といった国内メジャーレースで数多くの表彰台を獲得。
海外レースの経験も豊富であり、2004年ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは日本人最高位となる総合5位を記録。同レースの日本人最多出場記録も保持している。
レースで活躍するかたわら、モータージャーナリストとして日本カーオブザイヤー選考委員やコラムの執筆など、活動範囲は多岐にわたる。
2023年1月に当社グローバル・フラッグシップタイヤブランド「PROXES」のブランドアンバサダーに就任。
ご参考:https://www.toyotires.co.jp/press/2023/230113.html

本件に関するお問合わせ先
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
 〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木2-2-13
  TEL: 072-789-9110
  FAX: 072-773-3272
  URL:https://www.toyotires.co.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
TOYO TIRE株式会社
ホームページ
https://www.toyotires.co.jp/
代表者
清水 隆史
資本金
5,593,500 万円
上場
東証プライム
所在地
〒664-0847 兵庫県伊丹市藤ノ木2丁目2番13号
連絡先
072-789-9100