お茶の未来を共創する拠点となる複合型博物館「お茶の文化創造博物館」「お~いお茶ミュージアム」を、5月1日(水)にオープン

八十八夜に鉄道始まりの地・旧新橋停車場で新たなお茶の世界が誕生

株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、お茶の未来を共創する拠点となる複合型博物館を、八十八夜の5月1日(水)12時(通常は10時より開館)に旧新橋停車場内(東京都港区)にて開設いたします。


お茶は、人と人をつなぐコミュニケーションツールとして私たちの生活に浸透しており、日常茶飯と言われるように馴染み深い飲み物です。当社は1964年の創業以降、専門店でしか購入できなかったお茶をスーパーマーケットや食料品店などで展開できる仕組みづくりを行うとともに、1980年以降には「缶入りウーロン茶」「缶入り煎茶」の開発、その後1989年の「お~いお茶」誕生など、時代やライフスタイルの変化に合わせた「お茶」を提案してまいりました。

このようにお茶のリーディングカンパニーとして事業展開する当社は、本年で創業60周年、「お~いお茶」誕生35周年の節目を迎えます。今後、世界展開の一層の広がりと深化をしていくにあたり、今までお茶が果たしてきた役割と、人々の生活に寄り添い続ける未来への展望をお伝えしていくことを使命として、「お茶」と「喫茶」という習慣の関連性や歴史を紐解き、お茶の未来を共創する拠点となる複合型博物館を旧新橋停車場内に開設いたします。

本博物館は、喫茶習慣の変遷をテーマに『お茶の文化創造博物館』と『お~いお茶ミュージアム』の二つの博物館で構成する、国内でも珍しい複合型の博物館です。『お茶の文化創造博物館』は、お茶の歴史をたどり、製法や飲み方の変化、自然と誕生した喫茶習慣について考えるための博物館です。お茶を通じて日本文化を継承する役割を担います。また『お~いお茶ミュージアム』は、生活に寄り添い続けてきた「お~いお茶」に焦点をあて、これまでのあゆみや未来への取組みを伝えるミュージアムです。日本の近代を支えた鉄道の始まりの地とされる旧新橋停車場内でのオープンを通じて、今までお茶が果たしてきた役割と、人々の生活に寄り添い続ける未来への展望を考えます。

お茶は人との結びつきを育むものです。当社は、本博物館の開設を通じて、お茶が果たしてきた役割をお伝えしていきます。お茶の魅力と喫茶のすばらしさを体験できる機会をご提供し、「お茶」の価値をより一層高めてまいります。


<「お茶の文化創造博物館」「お~いお茶ミュージアム」施設概要>


■施設名称 お茶の文化創造博物館 / お~いお茶ミュージアム
■開業予定日 2024年5月1日(水)
■運営会社 株式会社伊藤園
■所在地 東京都港区東新橋1丁目5-3 旧新橋停車場内
■延床面積 「お茶の文化創造博物館」 約331.24㎡ / 「お~いお茶ミュージアム」 約309.46㎡
■開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)(※)オープン当日は、12時より開館予定
■休館日 毎週月曜日、年末年始 (※)月曜日が祝日の場合は、翌平日が休館
■入館料 「お茶の文化創造博物館」 大人500円(税込)(※)高校生以下・70歳以上・障害者手帳をお持ちの方は身分証明書のご提示で無料 / 「お~いお茶ミュージアム」 無料
■アクセス JR新橋駅「銀座口」より徒歩5分、都営大江戸線汐留駅「新橋駅方面改札」より徒歩3分
■お問合せ先 TEL03-6263-9281
■公式HP https://www.ochamuseum.jp


「お茶の文化創造博物館」について


●施設概要
「日常茶飯」という言葉があるように、お茶は人々の生活に馴染みの深い飲み物です。時代とともに飲み方や作り方が変化しながら、人々に寄り添う様に飲み続けられてきました。「お茶の文化創造博物館」では、お茶の喫茶習慣が歩んできた道を振り返り、展示物から紐解き、飲まれ方、淹れ方、作り方の変遷を感じていただきます。

●主な展示コンテンツ


人々の生活の中で広がっていったお茶の歴史を、パネルやジオラマ、シアター、展示品でお伝えしており、お茶の飲まれ方や淹れ方の変遷がご覧いただけます。江戸時代から近代までの様々な飲み方や楽しみ方が分かる道具等や、浮世絵から再現した茶屋の展示もご用意しております。人々の集いの場をお楽しみください。


「お~いお茶ミュージアム」について


●施設概要
「お~いお茶」は、誕生から35年の節目を迎えます。「お~いお茶ミュージアム」では、時代や人々の生活の変化に寄り添ってきた「お~いお茶」の現在までの歩みを展示しています。「お~いお茶」がどのようにして誕生し、皆さまがよく知る形へ変化してきたのか、また茶畑からの取組みをご覧いただけます。エントランスでは、緑茶、抹茶を中心として時代を感じる飲み物をご用意しています。体験セミナーも順次開催してまいりますので、お気軽にお立ちよりください。

●主なコンテンツ


巨大な「お~いお茶くん」が入り口で来館者をお出迎えし、茶畑から「お~いお茶」が出来るまでの工程、茶殻の活用についてご紹介。「お~いお茶ヒストリー」のコーナーでは各時代の背景や懐かしいTV-CMを放映し、また新俳句コーナーではオリジナルの「新俳句シール」が作成いただけます。最後に、「お~いお茶くん」との記念撮影もお楽しみください。


●カフェ・ショップのメニュー(一部)

茶ポンス / 650円(税込)


明治期のアメリカのレシピから再現。レトロ気分でどうぞ。


飲む抹茶わらびもち / 800円(税込)


黒蜜ときな粉をトッピングし、濃厚な抹茶ともちもち食感のわらび餅をミックスした、和の新食感ドリンク。


カテキン染めタオル(全2種)/ 1,100円(税込)


お茶の主成分カテキンを用いて染色したタオルです。お~いお茶くん、Suicaペンギンのデザインをミュージアム限定でご用意しました。
©C.S/JR 東日本/D


ミニ茶箱入り緑茶ティーバッグギフト/ 1,944円(税込)


お茶を海外に輸出していた時代を思わせる蘭字のミニ茶箱に、鉄道とお~いお茶くんがコラボしたオリジナルデザインの緑茶ティーバッグを詰めたギフトボックスです。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社伊藤園
ホームページ
https://www.itoen.co.jp/
代表者
本庄 大介
資本金
1,991,230 万円
上場
東証プライム
所在地
〒151-8550 東京都渋谷区本町3-47-10
連絡先
03-5371-7111