神奈川工科大学、中小企業イノベーション創出推進事業(SBIR)でティアフォーを代表とするコンソーシアムに参画 4年最大77億円の補助事業の参加機関として自動運転の安全性評価を推進



学校法人幾徳学園神奈川工科大学は、国土交通省による令和4年度補正予算「中小企業イノベーション創出推進事業」のSBIR(Small Business Innovation Research)フェーズ3基金事業*¹のうち、「地域公共交通に対応した自動運転技術実証」に参加します。今回の応募は、オープンソースの自動運転ソフトウェアの開発を先導する株式会社ティアフォーを代表スタートアップとして、自動運転関連事業に取り組む主要な企業や機関であるBOLDLY株式会社、先進モビリティ株式会社、交通安全環境研究所などとコンソーシアムを組成して行ったものであり、コンソーシアムとしての交付上限額は2024年度から2027年度までの4年間で約77億円です。




 政府は、地域公共交通の持続可能性に係る課題解決に向け、自動運転移動サービスの実現を目標としています。ティアフォーは、本事業を主導する立場として、これまでの政府とのプロジェクトで得られた成果と知見や、コンソーシアムメンバーの強みを活用し、以下のフレームワークとパッケージを構築します。これにより、自動運転システムの安全性評価プロセスを確立し、自動運転移動サービスの社会実装を推進していきます。

【認証可能な自動運転システム開発運用統合フレームワーク】
●運行設計領域の定義
●リスクシナリオの導出プロセス
●車両及びシミュレーション環境を活用した安全性評価手法
●自動運転システムの安全な運用を行うためのマニュアルの作成フロー
●設計、検証、実験、分析のサイクルを実現する開発プロセスなど

【地域関係者が自動運転移動サービスを容易に導入できるようにするための自動運転パッケージ】
●自動運転レベル4に対応する車両
●安全性評価手法とシミュレーション環境
●自動運転車両向け運行管理システム
●自動運転移動サービスの運用マニュアル
●運用開発ツールなど

 これらの取り組みを通して、政府が掲げる2027年度までに100か所以上での自動運転移動サービスの導入を実現し、さらにその先の社会実装と普及を見据えながら、ドライバー不足など地域公共交通が抱える課題の解決に寄与していきます。

 神奈川工科大学は、この中で、これまで開発してきた仮想空間シミュレータDIVP*²等を駆使し、交通安全環境研究所、ティアフォー等と共に自動運転の安全性評価を推進していきます。



*1 政府のSBIR制度において、スタートアップなどが研究開発を社会実装に繋げるために実施する大規模技術実証(フェーズ3)に対して補助を行い、先端技術の社会実装の促進を図ることを目的としたもの。

*2 Driving Intelligence Validation Platformの略。戦略的イノベーション創造プログラムSIP第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」及び、経済産業省 令和5年度「無人自動運転等のCASE対応に向けた実証・支援事業」で神奈川工科大学を中心とした産学連携コンソーシアムが開発してきた環境~空間~センサの物理モデルを特徴とした仮想空間シミュレータ。




■法人概要
【学校名】学校法人幾徳学園 神奈川工科大学
【所在地】神奈川県厚木市
【URL】 https://www.kait.jp/
【設立年】1963年

▼お問い合わせ先
 学校法人幾徳学園 神奈川工科大学
 研究推進機構 先進自動車研究所:
 https://www.kanagawa-it.ac.jp/~l4024/vri/index.html
 研究推進機構 研究支援・広報担当
 e-mail: liaison@kait.jp
 電話: 046-291-3109


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
神奈川工科大学
ホームページ
http://www.kait.jp/
代表者
小宮 一三
上場
非上場
所在地
〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所