【ボッシュエンジニアリング】第8回鉄道技術展

自動車向けセンサー技術を鉄道に応用

  • 路面電車向け衝突警報システム
  • 鉄道向け自動化ソリューション(鉄道向け環境認識技術)
  • 鉄道向け水素エンジンプロジェクトのご紹介(スライド紹介)
  • ボッシュエンジニアリングブース:B-54 (北口7番付近)
  • 展示会公式サイトにて、展示内容を掲載
    https://f-vr.jp/mtij/enq/show1/registration_2023/detail.cgi?id=305
 
  路面電車向け衝突警報システム                 鉄道向け自動化ソリューション

横浜 — グローバル規模で革新のテクノロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーであるボッシュの100%子会社ボッシュエンジニアリング株式会社(神奈川県横浜市、以下ボッシュエンジニアリング)は、幕張メッセで開催されるMass-Trans Innovation Japan 2023 第8回鉄道技術展(2023年11月8日(水)~11月10日(金))において、自動車向けセンサー技術を鉄道に応用したシステムおよびソリューションを展示します。ボッシュエンジニアリングのブースは、B-54です。

ボッシュエンジニアリングは、自動車業界で実績のあるボッシュ製品とノウハウを応用し、レーダー・カメラシステムを用いた路面電車向け衝突警報システムを展示するほか、車載センサー技術を応用した鉄道向け自動化ソリューションをご紹介いたします。

また、特設会場で行われるステージプレゼンテーションでは「鉄道向けフロントアシスト(前方監視技術)」についてご説明いたします。


ステージプレゼンテーション詳細
【日時】11月8日(水) 11:00‐11:30
【場所】8ホール内特設会場(オープンスタイル)
【内容】ボッシュエンジニアリングと鉄道事業部
路面電車・LRT向け運転士支援システム(国外の公共交通にて導入済み)
鉄道分野における自動運転の課題とボッシュのフロントアシスト開発ロードマップ

ブース:B-54(北口7番付近)

本件に関するお問合わせ先
メール:engineering@jp.bosch.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
ボッシュ株式会社
ホームページ
https://corporate.bosch.co.jp/
代表者
クラウス メーダー
資本金
17,000,000,000 万円
上場
非上場
所在地
〒150-8360 東京都渋谷区渋谷3丁目6-7
連絡先
03-3400-1551