《クリンスイ GP001》4月上旬より欧州で新発売

  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ
  • 三菱ケミカル・クリンスイ

欧州市場向けのポット型浄水器高級モデル イタリアの高級家庭雑貨のブランドGuzziniがデザイン

 三菱レイヨン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:越智仁)のグループ会社で、浄水器、医療用水処理装置を販売する三菱レイヨン・クリンスイ株式会社(本社:東京都中央区、社長:島田勝彦 以下、当社)では、欧州市場向けのポット型浄水器の高級モデル《クリンスイ※GP001》を4月上旬より欧州で新発売します。

 当社では2011年より、欧州市場に向けて、クリンスイ独自の中空糸膜技術による高度な浄水性能という特長を生かし、鉄サビなどの微粒子や雑菌除去をセールスポイントとしてポット型を中心に浄水器の販売を拡大してきました。

 この度、高級品志向の高いテーブルウエア市場をターゲットに、国内外よりデザインで高く評価されているイタリアの高級家庭雑貨のブランドGuzzini(グッチーニ)社のデザインをポット本体に採用し、食卓における浄水器の新しい使用シーンを提供します。欧州市場では当社と同じく三菱ケミカルホールディングスグループの三菱化学メディア株式会社の子会社であるVerbatim(バーベイタム)社の販売網を活用し、展開の充実を図ります。

 当社は、「コップ一杯の水をきれいに。」をスローガンに、世界中の人々に安心でおいしい水を提供できる製品の開発に努め、今後一層の海外事業の拡大に向けた取り組みを推進していきます。
※「Cleansui」及び「クリンスイ」は、三菱レイヨン株式会社の登録商標です。

■《クリンスイ GP001》製品特長
(1)イタリア家庭雑貨の有名ブランドGuzzini社がデザインした高級感のあるポット型浄水器。
Guzzini 英語サイト http://www.fratelliguzzini.com/
Guzzini 日本語サイト http://www.sakaitrading-guzzini.co.jp/

(2)3色の豊富なカラーバリエーション(レッド、グリーン、ブルー)

(3)クリンスイ独自の中空糸膜フィルターを搭載し、活性炭式の浄水器のみでは除去しきれない、0.1マイクロメートル以上の鉄さびなどの微粒子や雑菌を除去します。
(4)塩素の他、銅、鉛等の重金属や硬度の高いヨーロッパの水質に対応し水道水中の硬度を下げます。
(5)分離型カートリッジ
長寿命の「中空糸膜カートリッジ」と、活性炭+イオン交換樹脂フィルターからなる「メディアカートリッジ」が別々に交換できる分離交換型カートリッジ方式を採用。交換時期の違うフィルターを別々に交換することにより、カートリッジのランニングコストを抑えました。

■セット内容
<本体セット>
GP001(カートリッジ1個付)
<交換用カートリッジ>
GPCMF(中空糸膜カートリッジ<1個>とメディアカートリッジ<1個>のセット)
GPCAC3(メディアカートリッジ<3個>のセット)
※交換時期の目安:
メディアカートリッジ 100L(1日3リットル使用の場合1ヶ月)
中空糸膜カートリッジ1,200L(1日3リットル使用の場合12ヶ月)

■販売展開
<発売予定時期>2014年4月上旬
<販売ルート>欧州の百貨店、専門店などのテーブルウエア市場を中心に販売。
<販売計画>初年度  50,000台
<展示会予定>Ambiente アンビエンテ/国際消費財見本市にて同製品を展示いたします。
(2014年2月7日~11日/ドイツ、フランクフルト)
http://www.mesago-messefrankfurt.com/ambiente/

■仕様
容器本体サイズ(幅×奥行×高さ):265mm×105mm×260mm
質量(満水時):950g(2280g)

浄水器/医療用具の販売を中心に高機能水処理技術・製品関連市場で事業を展開しています。1984年に世界初の中空糸膜使用の家庭用浄水器として発売以来、市場拡大を続ける「クリンスイ」を中心に、拡大・多様化する浄水器および高機能水処理技術・製品関連市場におけるグローバルブランドの地位を確立していきます。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
三菱ケミカル・クリンスイ
ホームページ
http://cleansui.jp
代表者
木下 博之
資本金
15,000 万円
上場
非上場
所在地
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号ゲートシティ大崎イーストタワー10階
連絡先
03-6633-9000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所