SAS、ガートナーの「2022年版データ品質ソリューションに関するマジック・クアドラント」にてリーダーに選出

アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、米ガートナー社の2022年版「データ品質ソリューションに関するマジック・クアドラント(https://www.sas.com/ja_jp/news/analyst-viewpoints/gartner-magic-quadrant-data-quality-solutions.html)(英文)」にて「実行能力」「ビジョンの完全性」が評価され、16回連続でリーダーに選出されました。

昨今では、意思決定がアナリティクスとデータに主導される傾向が急速に強まっており、変化する環境の中で、企業はより信頼性が高く、革新的かつ高品質なデータソリューションを求めています。

ガートナーのレポートの評価内容は、次のとおりです。「ビジネスにとって有効であるためには、信頼性が高く、信用できるデータをタイムリーに提供できるデータ品質ソリューションが、先進のテクノロジーによって継続的にサポートされる必要があります。」「2024年までには、高品質データテクノロジー購入の判断基準の90%が、使いやすさ、自動化、運用効率、相互運用性を重視するようになると考えられます。」

AIとアナリティクスの大手企業であるSASは、Microsoft Azureマーケットプレイス上にSAS® Viya®の展開を開始し、最先端の高品質データソリューションをより多くの人々に向けて提供を開始しました。アナリティクス、データ統合、データ準備、データガバナンスを統合したSAS Viya on Microsoft Azure(https://www.sas.com/ja_jp/software/viya/cloud-marketplaces.html)は、今やクリック操作だけで、従量制で利用できるようになりました。

SASの製品管理担当シニアディレクターであるロン・アグレスタ(Ron Agresta)は、次のように述べています。「アナリティクスとAIは、すべての業種で重要視されるようになり、あらゆる規模のビジネスでイノベーションを加速させています。SASのデータ品質ソリューションは、データを重視するあらゆる意思決定プロセスに対して正確性、完全性、信頼性、有用性を提供します。これらはすべて、データ主導のビジネスの構築に欠かせません。」

ガートナーのレポートには、次のような評価もあります。「信頼性が高く、クリーンで有効なデータは、ビジネス目標を実現するための基本であり、競争優位の基盤です。企業がビジネスの現状を維持するときも、ビジネスを拡大するときも、また、リスクを評価して軽減するときも、規制を遵守するときも、データの品質は不可欠です。」

高品質データを提供する製品としてSASは、SAS Data Management、SAS Data Quality、SAS Data Loader for Hadoop、SAS Data Governanceなどを提供しています。
また、SAS Viya上では、SAS Information Governance、SAS Data Preparation、
SAS Event Stream Processingなどを提供しています。SASの高品質データ製品には以下が含まれます。
  • SAS Quality Knowledge Base:データ品質のオペレーションをカスタマイズあり、またはカスタマイズなしで即座に利用できる機能コレクション。各機能(解析、標準化、パターン分析、あいまい一致など)への迅速なアクセスを提供し、組織がデータクリーンアップを行い、データに対し、信用性と信頼性を付加するのに役立ちます。
  • SAS Information Governanceのメタデータ管理およびデータ系統ツール(Egeriaとのコネクターを含む):組織が保有する多数のデータソースにあるデータをカタログ化し、データから、またはビジネスユーザーから、データアセットを検索できるようにします。この機能が他のSAS Viyaアプリケーション上でのデータの準備、レポートの作成、モデルの構築などの活用を促進します。

SASのデータ管理およびデータ品質(https://www.sas.com/ja_jp/software/data-management.html)ソリューションについての詳細は、リンクをご確認ください。

*「Gartner, Magic Quadrant for Data Quality Solutions」、Ankush Jain、Melody Chien、2022年11月1日

ガートナー社の法的免責条項
Gartner®およびMagic Quadrant™は、Gartner, Inc.と米国内外における同社の関連企業の登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。All rights reserved.

ガートナーはガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジー・ユーザーに助言するものでもありません。ガートナーのリサーチ出版物は、ガートナーのリサーチ組織の意見であり、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

2006年から2012年までSASはDataFluxとして認められていました。

*2022年11月9日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリース(https://www.sas.com/en_us/news/press-releases/2022/november/leader-gartner-magic-quadrant-data-quality-solutions.html)の抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。


SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
シュクリ ダバギ
資本金
10,000 万円
上場
非上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所