NEXCO中日本「高速道路の自動運転時代に向けた路車協調実証実験」に参画

~高速道路の路車間通信の高度化に向けて、当社のV2X通信技術を実証~

● NEXCO中日本が実施する「高速道路の自動運転時代に向けた路車協調実証実験」に参画
● 「路上障害情報の後続車への提供」など3件のユースケースにおいて実証・検証を共同で行う
● 当社の光通信技術およびV2Xを活用し、高速道路の高度化検討・実証に貢献

 古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区大手町2丁目6番4号、代表取締役社長:小林敬一)は、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が2023年度に新東名高速道路の建設中区間で行う「高速道路の自動運転時代に向けた路車協調実証実験」に参画します。当社のV2X(注)通信技術および光通信システムを活用し、高速道路における将来の実用化および社会実装に向けたユースケースを想定して実証実験を行います。

■背景
 NEXCO中日本では、自動運転社会の到来に向けて、車両とインフラ設備の無線通信である路車間通信(V2I:Vehicle to Infrastructure)の活用を検討するにあたり、複数のユースケースの想定おける実証実験に共同で参画する企業・団体を公募していました。
 当社グループは「古河電工グループ ビジョン2030」を掲げ、安全・安心・快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社会基盤を創ることを目指しています。その一環として、当社がこれまで培ってきた光通信技術と新たに研究開発を進めるV2X通信技術を融合し、モビリティ・インフラ領域における新技術創出を進めています。

■内容
 この度、NEXCO中日本の実証実験で提示されたユースケース7件のうち、以下の3件に当社が参画することで合意に至りました。自動運転車を含むコネクテッド車と非コネクテッド車が混在している状態を想定し、路車間通信技術等を用いた高速道路の高度化メニューとして実証・検証を行います。
 当社はV2X通信技術および光通信システムを用いた情報提供を活用し、国際標準規格であるセルラーV2X方式ベースの路側機器にて路車間通信システムを構築します。

当社が参画するユースケース(3件):
ユースケース1 「路上障害情報の後続車への提供」
ユースケース2 「路面状況や走行環境に応じた最適な速度情報等の提供」
ユースケース3 「車載センサ等を活用した維持管理情報や運行支援情報等の収集・提供」


契約期間:2022年7月~2024年9月
実験時期:現時点で実験時期は2023年度、実験期間は約1ヶ月を想定しています(状況により変更となる場合があります)。
実験区間:新東名高速道路 新秦野IC~新御殿場ICのうち、静岡県内の一部区間を想定しています(状況により変更となる場合があります)。

(注)V2X(Vehicle to everything):クルマと何かとの接続・相互連携を総称するコネクテッド技術

■関連ニュースリリース
2021年7月26日 総務省より5.9GHz帯V2X通信用実験試験局免許を取得
https://www.furukawa.co.jp/release/2021/kenkai_20210726.html

■古河電工グループのSDGsへの取り組み
当社グループは、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を念頭に置き、2030年をターゲットとした「古河電工グループ ビジョン2030」を策定して、「地球環境を守り、安全・安心・快適な生活を実現するため、情報/エネルギー/モビリティが融合した社会基盤を創る。」に向けた取り組みを進めています。ビジョン2030の達成に向けて、中長期的な企業価値向上を目指すESG経営をOpen,Agile,Innovativeに推進し、SDGsの達成に貢献します。

古河電工グループのSDGsへの取り組み
https://furukawaelectric.disclosure.site/ja/themes/182

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
古河電気工業株式会社
ホームページ
https://www.furukawa.co.jp/
代表者
小林 敬一
資本金
6,939,500 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒100-8322 東京都千代田区大手町2丁目6番4号常盤橋タワー
連絡先
03-6281-8500

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所