SASとSingleStore、データとアナリティクスの次世代アーキテクチャを発表

データアクセスの簡素化、生産性の向上、アナリティクスによるインサイト拡充を進める
SAS Viya with SingleStore


アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、企業がデータアクセスにおける障壁を取り除き、パフォーマンスと拡張性を最大限に引き出し、重要なデータドリブンのインサイトを開放するために、SingleStoreとの協力を進めてきました。その成果として、SAS® Viya® with SingleStoreは、SingleStoreのクラウドネイティブなリアルタイム・データベースに保存されているデータにSASのアナリティクスとAIのテクノロジーを適用可能な新しいソリューションです。この統合ソリューションは、クラウド、ハイブリッド、オンプレミスのいずれの環境下においても、データの統合を簡素化し、データへの柔軟でオープンなアクセスを提供します。データの価値は、このソリューションによってより素早く発揮されるようになります。

IDCのデータ管理ソフトウェア担当リサーチ・バイスプレジデントであるカール・オロフソン(Carl Olofson)氏は、次のように述べています。「テクノロジー・リーダーは、迅速に、効果的な判断を下すことを求められます。それを難しくさせているのは、ストレージとインフラストラクチャのコストやデータ統合とマニュアル処理の複雑さだと言われています。企業は、保有するデータの活用にインテリジェンス機能の適用を考えることで、生産性とパフォーマンスの大幅な向上、コストの削減、データドリブンによる判断の迅速化を手にするはずです」

SingleStoreのデータ圧縮とSASのアナリティクスの融合により、データ管理と統合の複雑さを軽減し、高度なモデルの学習にフォーカスをあてることを目指します。

SASの最高技術責任者であるブライアン・ハリス(Bryan Harris)は、次のように述べています。「データ移動の繰り返し、マニュアル処理、孤立したデータ群が原因で、多くの企業はアナリティクスの価値を十分に引き出せていません。SAS Viya with SingleStoreは、データアクセスとアナリティクスの反復ループを、簡素化し加速することで、意思決定を迅速化させ、データに潜在的価値を引き出すための、ゲームチェンジャーとなります」

SAS Viya with SingleStoreを使えば、SingleStore内のすべてのリレーショナル・データベース・テーブルに対してSASの高度なAIおよび機械学習アナリティクスを直接適用可能になります。SASとSingleStoreの協力によって実現されたこのテクノロジーは、企業によくあるデータストアの重複が引き起こす負荷と負担を大幅に削減し、アナリティクス・ワークロードのパフォーマンスを向上させ、最終的な競争優位性へと発展させます。

SingleStoreのCEOであるラジ・ヴァーマ(Raj Verma)氏は、次のように述べています。「SingleStoreのハイブリッド・マルチクラウド・データベースが並列アナリティクス・エンジンのSAS Viyaに統合されれば、大幅なパフォーマンス向上とコスト削減が可能になり、リアルタイム・アプリケーションが現実のものとなります。私自身にとって、アナリティクス、AI、MLを実質的に発明したと言われる企業との連携は名誉なことです。なぜなら、かねてからテクノロジー、文化、リーダーシップのいずれの面でもSASに敬服していたからです。SASがその得意分野で新たなステージへ向かうことに協力できることは、大変光栄であり、心躍る機会です」

2020年12月、SingleStoreはSASとの戦略的提携を発表しました。SAS ViyaとSingleStoreの統合についての詳細は、https://www.sas.com/en_us/software/viya/singlestore.html (英文)、またはhttps://www.singlestore.com/partners/sas-viya/ (英文)をご覧ください。


SingleStoreについて
SingleStoreは、データを多用する時代に合わせ開発された、超高速なクラウド・データベースを提供しています。SingleStoreの強力な分散型マルチモデル・データベース構造は、圧倒的なトランザクションとアナリティクスのパフォーマンスでコストと複雑さを軽減しながら、すべてのデータを統合します。世界中の企業や団体が、先進的アプリケーションの構築、高速アナリティクスの応用、データベースの乱立防止のためにSingleStoreを利用しています。SingleStoreは、すべての主要なクラウドで活用でき、SaaS、ハイブリッド、オンプレミスいずれの環境にも適応します。詳しくは、https://www.singlestore.com/ をご覧いただくか、@SingleStoreDB(https://twitter.com/singlestoredb/)または@SingleStoreDevs(https://twitter.com/SingleStoreDevs)でSingleStoreをフォローしてください。

*2022年8月22日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリース(https://www.sas.com/en_za/news/press-releases/2022/august/sas-and-singlestore-deliver-next-generation-data-and-analytics-a.html)(英文)の抄訳です。
本原稿はSAS本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

SASについて
SASは、アナリティクスのリーディング・カンパニーです。SASは、革新的なソフトウェアとサービスを通じて、世界中の顧客に対し、データをインテリジェンスに変換するためのパワーとインスピレーションを届けています。SASは「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
SAS Institute Japan株式会社
ホームページ
http://www.sas.com/jp
代表者
シュクリ ダバギ
資本金
10,000 万円
上場
非上場
所在地
〒106-6111 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー 11F
連絡先
03-6434-3000

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所