脱炭素設計のスタンダード化に向け「One Click LCA」日本語版発売 ~建てるときのCO2排出量を見える化 建設業界の脱炭素を目指す~

 住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎 本社:東京都千代田区)は8月8日、建てるときのCO2排出量等を見える化するソフトウェア「One Click LCA」の日本語版を発売します。「One Click LCA」は昨年11月に当社が日本単独代理店契約を締結したソフトウェアで、建設にかかる原材料調達から加工、輸送、建設、改修、廃棄時のCO2排出量(建てるときのCO2排出量)を精緻に算定できます。「One Click LCA」の普及を通じて、建てるときのCO2排出量削減を目指す脱炭素設計を推進します。

■背景
 全世界のCO2排出量に占める建設部門の割合は約37%※と言われており、建設業界における脱炭素化の取り組みが求められています。世界の建設部門でのCO2排出量の約70%が暮らすときのCO2排出量(オペレーショナル・カーボン)で、残り30%が建てるときのCO2排出量(エンボディード・カーボン)です。暮らすときのCO2排出量は、ゼロエネルギーハウス・ビルディングの普及により削減が進んでおり、今後は建てるときのCO2排出量の削減が喫緊の課題です。
※出典 global alliance for building and construction(2021)

■「One Click LCA」の特長
  • 建物に使用する資材のデータをもとに、建設にかかる原材料調達から加工、輸送、建設、改修、廃棄時のCO2排出量 等を効率的に算定できます。BIM・エクセルとの連携も可能です。
  • 建てるときのCO2排出量を精緻に算定する事が可能であり、「資材調達」「輸送」「施工」「解体」などの段階における企業のCO2排出量削減取組を算定結果に反映できます。資材の環境認証ラベルであるEPD(Environmental Product Declaration)を使用する事で、サプライチェーン全体でのCO2排出量の見える化が可能です。
  • 算定に利用する資材データを含むライフサイクルアセスメントはISOに準拠しており、LEED、BREEAMなど世界の50種類以上の環境認証に対応しています。


■今後の目指す姿
 国際的なESG投資においては、環境認証への要請がますます強まることが予想されます。当社は「One Click LCA」の普及を通じて建設業界の脱炭素化を支援していきます。サプライチェーン全体でのCO2排出量の見える化を促進するために、資材メーカー様と、環境認証ラベルEPDの取得・普及に取り組んでいきます。

 住友林業グループは国内外で森林経営から木材建材の調達・製造、木造建築、木質バイオマス発電まで「木」を軸とした事業を展開しています。木を伐採・加工、利用、再利用、植林という住友林業の「ウッドサイクル」を回すことで森林のCO2吸収量を増やし、木材の活用で炭素を長く固定し続けます。世界の脱炭素シフトへのパートナーとして当社グループならではの「ウッドソリューション」を提供し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。
本件に関するお問合わせ先
≪リリースに関するお問い合わせ≫
住友林業株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 鎌田 TEL:03-3214-2270

≪「One Click LCA」に関するお問い合わせ≫
住友林業株式会社 木材建材事業本部 国内営業部 TEL:03-3214-3400

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
住友林業株式会社
ホームページ
https://sfc.jp/
代表者
光吉 敏郎
資本金
3,275,200 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒100-8270 東京都千代田区大手町1丁目3-2経団連会館
連絡先
03-3214-2220

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所