【今ちゃんの「実は…」】千鳥の伝説企画が復活!!美女ロケに登場した彼女たちのその後は!?

「今ちゃんの『実は・・・』」
6月29日(水)夜11時17分~ ABCテレビ
(関西地区で放送)

グルメ超激戦区“大阪駅”エリアで唯一無二の個性を放つ“オンリーワン”な名店をサバンナが直撃! 
カレーをこよなく愛する師匠&弟子の激アツバトルも勃発!? 

『実は…』伝説のあの企画が蘇る!? 
千鳥の“美女ロケ”に登場した女性たちの気になる“その後”をミサイルマンが大調査!
サバンナがリポートするのは「銭湯中心の環状線No.1グルメタウン決定戦!」。視聴者から寄せられた口コミをもとに、JR大阪環状線沿線で最もグルメが熱い駅を決定する一大プロジェクト! 今回は、グルメ超激戦区「大阪駅」の後編。駅周辺にひしめく人気店の中で、唯一無二の個性を放つオンリーワングルメの名店を巡る。

1軒目は、「ほかには絶対ない!」と常連さんが激推しする“イリュージョン鍋”を使った鶏の鉄板鍋が自慢の店。一体、どんな鍋なのか?と興味津々のサバンナだが、いくら説明を聞いてもその姿が想像できず、「もう行って見るわ!」とお店を直撃!! すると高橋を「マジのジューシー!」とうならせた鉄板焼き鳥と鍋料理の同時攻撃は、食べるごとにうまみが倍増! まさにイリュージョンのようなオリジナル鍋の全貌が明らかに! 

続く2軒目は、関西のグルメブロガーたちが選ぶ「究極のカレーアワード」で2年連続グランプリに輝いたカレーの名店。オススメのキーマカレーを試食した高橋を「これはグランプリ獲るわ」と納得させた絶品の味は、いずれもカレー愛がハンパない店主とそのお弟子さんが二人三脚で作り出しているもの。だが先日、仲よし師弟の関係に影を落とす一大事が! お店のイベントで創作カレーの師弟対決を行ったところ、お客さんの投票でなんと弟子が圧勝! 面目丸つぶれの師匠はリベンジの機会を狙っているという。そこで、サバンナを審査員に、師弟が渾身のカレーで再び激突するリベンジマッチを急遽開催することに。師匠はエビを贅沢に使った欧風カレーで、弟子はインドの本格派スパイスを駆使したエスニックなカレーで勝負! 果たして、勝つのはどちら?


 ミサイルマンがリポートするのは「卒アル笑顔美人探し 番外編 街で気になるあの娘の気になるその後は実は…」。“実は”的仮説「高校の卒業アルバムで笑顔だった美人は順風満帆な人生を送っている?」を検証する企画のスピンオフ! 今回は、卒業メンバーの千鳥がリポーターを務めていた当番組の名物企画「街で気になるあの娘」で出会った卒アル美人たちのその後を調査する。街で噂の美しき看板娘たちを千鳥が直撃し、自宅にもお邪魔するなどやりたい放題の暴走リポートで彼女たちの素顔に迫った伝説のロケ! あの美女たちの今は、果たして順風満帆なのか? 

1人目は、8年前に京都の焼き鳥店でアルバイトをしていた島根県出身のレナさん。当時、彼女は大学2年生。元テニス部員だからといきなり“ラケットの素振り”を無茶ぶりされるなど、千鳥に翻弄されていたが…。そして現在、28歳になったレナさんは「小さいころから憧れてました」というある仕事に就き、夢を実現させていた! 意外な展開に今田も驚いたレナさんの“その後”は? 2人目は、滋賀県のうどん店でアルバイトをしていたマヤさん。8年前には大学の薬学部に通い、薬剤師を目指していた彼女の現在の“住まい”にミサイルマンはさっそく仰天させられ…。そして3人目は、7年前に親せきが営む純喫茶の看板娘だったアイリさん。身長170cmのスレンダー美女は、あれからどんな人生を歩んでいるのか?

その他の写真(写真使用時は「(C)ABCテレビ」表記をお願いします)





「今ちゃんの『実は・・・』」
6月29日(水) 夜11時17分~ ABCテレビ(関西地区で放送)
※TVer・Gyao!で見逃し配信(TVerはマイリスト登録をどうぞ!)

【司会】今田耕司
【出演】月亭八方、未知やすえ、小籔千豊
    サバンナ(八木・高橋)、シャンプーハット(恋さん・てつじ)、
    ダイアン(ユースケ・津田)、ミサイルマン(岩部・西代)
本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
朝日放送テレビ株式会社
ホームページ
https://www.asahi.co.jp/
代表者
山本 晋也
資本金
10,000 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1丁目1番30号
連絡先
06-6458-5321

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所