「みんなのD&Iセミナー」にショーケース:前田が登壇いたします!

5/11 (水) 14:00~15:15【無料オンラインセミナー】パパの育休元年!「誰が休んでも仕事がまわる」社員を支える企業の仕組みづくりを知る

企業と顧客をつなぐDXクラウドサービスを展開する株式会社ショーケース(東京都港区、代表取締役社長:永田豊志、証券コード:3909、以下ショーケース)は、株式会社SAKURUG(東京都渋谷区、代表取締役:遠藤洋之)が主催する無料オンラインセミナー「みんなのD&Iセミナー」にコーポレート本部 経営企画部:前田が登壇することをお知らせいたします。


■開催概要
名称:
 みんなのD&Iセミナー
 パパの育休元年!「誰が休んでも仕事がまわる」社員を支える企業の仕組みづくりを知る

概要:
2022年4月より、これまでは努力範囲であった企業から従業員への育休制度の説明と取得促進が義務化されました。
今回、男性育休にまつわる先進的な取り組みをおこなっている企業4社が集い、オンライン無料セミナーを開催いたします。
セミナーでは、各社の男性育休にまつわる業務・体制面でのTipsをシェア。企業側と育休制度利用者側の不安を可能な限り取り除き、効果的な運用に繋げます。

このような方におススメ:
 ・男性育休取得時の業務調整方法に悩んでいる方
 ・男性育休取得のために制度拡充に取り組んでいる人事担当者の方
 ・「誰が休んでも仕事がまわる」他社の仕組みづくりを知りたい方
 ・ダイバーシティ経営に関心のある企業担当者の方 など

内容:
・オープニングトーク:数字で見る男性育休
・セッション:「誰が休んでも仕事がまわる」仕組みづくりを知る

Tips1:株式会社SAKURUG「取得までに解決したい3つの課題と気付き」
 取締役の育休取得経験から、「自分にしかできない仕事をどうするか」個人としてできることを考えます。

Tips2:FANTAS technology株式会社「グッドジョブパス」
 「育休は周囲に負担をかけるかも」を解消する独自の社内副業制度について学びます。

Tips3:株式会社ショーケース「地方移住×男性育休の可能性」
 在宅勤務・テレワーク、フルフレックスなど、「柔軟な働き方」が男性育休取得の後押しになっている事例について学びます。

Tips4:エムスリーキャリア株式会社「男性育休チャレンジの心理的安全性を確保するカルチャーと評価制度」
 「育休がマイナス評価になるのでは?」という不安が生まれにくいカルチャーや評価制度の考え方、事例について学びます。

日程:
 5月11日(水)14:00~15:15
参加費:
 無料(事前登録制)
場所:
 オンライン(Zoom)
申込方法:
 下記からお申込みください。
 http://ptix.at/jaJXvJ

<登壇者>
株式会社ショーケース
コーポレート本部 経営企画部
コーポレート・コミュニケーショングループ
前田大地

2022年3月から生活拠点を山形県鶴岡市に移し、フルリモートで広報PRを軸とした社内外のステークホルダーとのコミュニケーションを担う。


ショーケースでは、今後も働き方の“不”を解消する先進的な取り組みを通じて、人の幸せに寄与する経営とサービスの開発・提供を目指していきます。


【株式会社ショーケース 会社概要】
代表取締役社長:
 永田 豊志
所在地:
 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル14F
設立:
 1996年2月1日
上場証券取引所:
 東京証券取引所 スタンダード市場
証券コード:
 3909
コーポレートサイト:
 https://www.showcase-tv.com/

コアバリュー :
 「おもてなしテクノロジーで人を幸せに」
私たちは人が感じる「不」を取り除き「幸せ」に導くお手伝いをしています。
そして、私たちの喜びは、人の期待を超え、感動や満足感を提供するしくみ=おもてなしテクノロジーで、幸せな人を増やしていくことです。
本件に関するお問合わせ先
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社ショーケース 経営企画部 広報担当:前田
電話:03-5575-5102
携帯電話:070-1512-7222
メールアドレス:maeda.daichi@showcase-tv.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社ショーケース
ホームページ
https://www.showcase-tv.com/
代表者
永田 豊志
資本金
3,374 万円
上場
(旧)東証1部
所在地
〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9六本木ファーストビル14F
連絡先
03-5575-5117

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所