【ご存じですか?】あなたも盲導犬ユーザーも、も〜っとハッピーになる魔法のひとこと。1,000,000部目指し配布中!

盲導犬使用者(ユーザー)と盲導犬の支援活動及びチャリティーグッズを企画・販売する一般社団法人盲導犬総合支援センター(神奈川県横浜市、代表理事 高橋忠生)は、盲導犬ユーザーと盲導犬がもっと安心安全に歩ける社会を目指し、盲導犬ユーザーへのお手伝いの方法がわかる「声かけパンフ」をリニューアルしました。

リニューアルした声かけパンフの表紙。幸せな盲導犬ユーザーと盲導犬が描かれている。


◎「盲導犬と一緒だから大丈夫」にちょっと待った!◎
「盲導犬を連れた方を見掛けたら、そっと見守っています。」
このような声が、よく私たちのもとに届きます。

あたたかい見守り、ありがとうございます。
ですが、あなたも盲導犬ユーザーももっとハッピーになる魔法のひとことをご存じですか?

それは「お手伝いしましょうか?」
盲導犬ユーザーがお困りの様子の時に、ユーザーご本人へ声を掛けるひとことです。


お困りごとが解決して「ありがとう」と言われると、声を掛けた方もハッピーな気持ちになれるはず。

そんなやりとりが街中に溢れることを目指して、「声かけパンフ」が生まれました。


◎実は、声掛けって最強の見守りなんです◎
2017年に完成した声かけパンフ第一弾は77万部が皆さまの手に届けられ、この度リニューアルしました!

なぜお手伝いの声掛けが必要なのでしょうか。どのように声を掛ければ良いのでしょうか。
このパンフレットを読めば、「なぜ」から「どのように」が一冊で分かります!

1,なぜお手伝いが必要なのか、知ることができる!

「そもそも盲導犬って実際には見た事はないし、実はよく知らないかも…」という方にも、盲導犬ができることや、なぜ盲導犬ユーザーが困ることがあるのかが、これを読めば分かります!

2,「そっと見守る」その先のひとことが分かる!
困ることがあると分かっても、
「どうやって声を掛けたらよいのか分からない」
「声を掛けた後、どうしたらよいのか分からない」など、イメージが湧かないという声を聞きます。
このような疑問を解決するため、お手伝いの始まりからお別れまでをステップ形式で紹介しています。

お手伝いの始まりは「(盲導犬を連れた方)お手伝いしましょうか?」
魔法のひとことで、あなたも盲導犬ユーザーももっとハッピーになるコミュニケーションを始めましょう!


3,盲導犬ユーザーの体験談で理解が深まる!
盲導犬ユーザーが実際に体験した、うれしかった声かけエピソードを紹介しています。
具体的なエピソードで「こんな時に困ることがあるのか!」と実感していただけます。


◎共感の声が続々届いています!◎
声かけパンフを読んだ多くの方から、このような声をいただきました。
「盲導犬を連れた方が歩いている時は声を掛けてはいけないと思っていたので、これを参考に積極的に声を掛けたい!」
「外出時によく見掛けるが、どのように声を掛けたら良いか迷っていた。方法が分かって納得した!」
「まさに知りたいと思っていた情報!」



◎こんなシーンで配布されています◎
  • 会社内の配布
  • 会社間での郵便物に同梱
  • 通販サイトからお客様へ、お荷物に同梱
  • お店や病院などのレジ・受付に設置しお客様・患者様へ配布
  • 会社・学校などのイベントで配布
  • サークルなどの仲間・友人への配布

◎あなたも声かけパンフの配布に参加しませんか?◎
声かけパンフは通販サイト「盲導犬サポートSHOP」にてチャリティーグッズを購入された際にも1部ずつ同梱している他、こちらのページからもお申込みができます。
ぜひお仲間やご家族に配って、あなたから声掛けの輪を広めてください!

■声かけパンフのお申込みはこちらから
・価格:0円 ※送料別途660円(税込)
・サイズ・仕様:A4四つ折り(10,5×14,8cm)
・URL:https://www.gomoudouken.net/view/item/000000003047


◎声かけパンフ制作のきっかけは…◎
盲導犬ユーザーが電車のホームから転落する事故。これが声かけパンフ発足のきっかけです。
しかし事故が起きるような危険な場面だけでなく、盲導犬ユーザーが外出していて困る場面が人によっても状況によっても様々あるということが分かりました。

そこで、お困りの盲導犬ユーザーを見掛けた時に自然に声を掛けられる環境が整っていれば、盲導犬ユーザーの皆さまがもっと安心安全に、そして何より楽しく歩ける社会になると感じ、制作がスタートしました。


◎目標は、100万部の配布!◎
100万部の配布が完了するということは、それだけ多くの方が盲導犬ユーザーへのお手伝いの方法について知っているということです。
それは、盲導犬ユーザーの皆さまの安心につながります。

「盲導犬ユーザーへのお手伝いの方法」について知っていただくきっかけとなる声かけパンフ。
たくさんの方に「見守りプラスもっとハッピーになれるお手伝いの声掛け」が広がるよう、皆さまの手からも声かけパンフを広めてください!

盲導犬総合支援センターは、チャリティーグッズの企画と販売を通じて「楽しみながら盲導犬の応援ができるチャリティーのかたち」を一人でも多くの方にご理解いただけるよう活動を推し進めてまいります。
◎パンフレット詳細◎
・製品名:声かけパンフ
・価格:0円 ※送料別途660円(税込)
・サイズ・仕様:A4四つ折り(10,5×14,8cm)
・URL:https://www.gomoudouken.net/view/item/000000003047
 ※こちらのページからのお申込みの他「盲導犬サポートSHOP」でお買い物の際、1部ずつ同梱しています。

◎パンフレットの取り扱い先◎
盲導犬サポートSHOP
下記のホームページにて申し込み受付
HP:https://www.gomoudouken.net/ 「盲導犬サポートSHOP」で検索可能
TEL:045-949-0323(平日 10~17時)

◎一般社団法人 盲導犬総合支援センターについて◎
チャリティーグッズの販売などを通じた補助犬育成事業への支援を中心に、障がいのあるなしに関わらず、誰もが生き生きと社会参画できる世の中の実現を目指して活動しています。
日々の生活の中で、無理なく楽しく応援をして欲しいという思いから「みつけた!私にできること。」をキャッチフレーズに様々な情報発信も行なっています。
盲導犬ユーザーへのお手伝いの方法をイラスト入りでわかりやすく解説した「声かけパンフ」や、盲導犬を心良く受け入れてくれるお店に盲導犬ユーザーからお渡しいただく「熊手ステッカー」などの企画や配布も行ってきました。
チャリティーグッズの購入だけでなく、「声かけパンフ」の制作スポンサーや盲導犬サポートSHOPファンクラブへの加入などを通じて、個人・法人を問わず多くの方々に応援をいただいています。
また、2016年からは地震や水害などで被災をしたペットたちを支援する「被災犬応援プロジェクト」も運営しています。

声かけパンフ完成までの道のり:https://goguidedogs.jp/project/moudoukenouen_02
熊手ステッカー誕生秘話:https://goguidedogs.jp/project/moudouken_06
被災犬応援プロジェクト:https://www.gomoudouken.net/view/item/000000002559
本件に関するお問合わせ先
一般社団法人 盲導犬総合支援センター
広報担当:岩間
TEL:045-949-0323 FAX:045-949-0327
customer@goguidedogs.jp

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
一般社団法人 盲導犬総合支援センター
ホームページ
https://goguidedogs.jp/
代表者
高橋 忠生
資本金
0 万円
上場
非上場
所在地
〒224-0037 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎南5-2-22 2F
連絡先
045-949-0323

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所