【今ちゃんの「実は・・・」】水中でピーマンの空気を吸ったら潜水時間はのびるのか!?ミルクボーイ・内海が笑いと涙の極限検証!

「今ちゃんの『実は・・・』」
9月8日(水)夜11時17分~ ABCテレビ
(関西ローカル)

「水中でピーマンの空気を吸ったら潜水時間はのびるのか?」をミルクボーイが検証! 熱血コーチ駒場が内海に激を飛ばすスポ根ロケの行方は?

関西が誇る人気洋菓子店「ユーハイム」と「モンシェール」の一流パティシエが“創作スイーツ”で激突! 意外な食材を変身させるプロの技とは?




 サバンナがリポートするのは「一流洋菓子店ガチンコ対決! ユーハイムvsモンシェール 勝ったのは実は…」。
 誰もが知る一流企業がプライドをかけたガチンコ勝負を繰り広げる“企業対決”シリーズ! 今回は、関西を拠点に全国にその名をとどろかせる人気洋菓子店「ユーハイム」と「モンシェール」のエースパティシエが激突する。

神戸に本社を構える創業100年超えの老舗「ユーハイム」が送り出すエースは、パティシエ職人歴34年の枦山さん。一方、一日に1万本を売り上げる「堂島ロール」で知られる大阪発祥の人気店「モンシェール」のエース・郷田さんも同じくキャリアは34年。両店の威信を背負ったベテランパティシエが、3つの“創作ケーキ”対決で火花を散らす!

 第1戦は「バームクーヘン対決」。言わずと知れた「ユーハーム」の看板商品・バームクーヘンに、スーパーなどで手に入る身近な食材を組み合わせ、家庭でも簡単にマネできる創作スイーツを作り上げる。自社の商品だけに「負けられない!」と意気込む枦山さんは、あの中華食材を駆使してパリパリ食感を作り出すマル秘技や、チョコレートを自在に操る超絶テクニックを惜しみなく披露! 見た目も豪華な映える逸品で勝負する。対する郷田さんは、よもや洋菓子作りに登場するとは思えない、あの和の食材をアクセントに使うなど斬新なアイデアをさく裂させて…。続く第2戦では、「堂島ロール」を大胆アレンジ! 最終戦では、なんと“食パン”を使ってゴージャスな創作ケーキを作るなど、一流パティシエの技とプライドがぶつかり合う真剣勝負の行方は?

続いては、視聴者から寄せられたさまざまな疑問を、ミルクボーイが体を張って明らかにする「ためしてミルクボーイ」。今回は「水中でピーマンの空気を吸ったら潜水時間はのびるのか実は…」と題し、視聴者から舞い込んだユニークな仮説を検証する。みんなにおなじみの野菜・ピーマンは中が空洞で、そこには多少の空気が入っている。ならば、水中にピーマンを持ち込み、息が苦しくなったときに吸い続ければ、「永遠に水に潜っていられるのでは?」というぶっ飛んだ仮説を試すべく、大阪某所のプールにやって来た駒場と内海。潜水に挑む内海の傍らには、大量のピーマンをスタンバイ。これを駒場が内海に次々と手渡し、空気を絶やさないよう補給し続けることで、潜水時間をのばすことは可能か?を調査する。

まずは、ピーマンによる空気補給のない“ノーピーマン”状態で、いざ水の中へ。「素潜り、苦手なのよ…」とコボす内海の潜水記録は“28秒”とごくごく平凡。続いてピーマンを手に再びプールに入った内海は、水に沈めてもポカンと浮いてくる“緑の酸素ボンベ”に興奮! 「確かに、空気入ってる!」と色めき立ち…。だがこの後、ピーマンだからこその思わぬ壁にぶち当たる内海!

 「もう止めたいんです!」と弱音を吐く相方を、熱血コーチと化した駒場が「○分超えの景色を見せたい!」と叱咤するなど、検証ロケはなぜかスポ根モードに!? さらに、ピーマンを超える“酸素ボンベ”を求め、オクラ、パプリカほか空気を含んだ野菜を使ったチャレンジを決行するなど、まさに体張りまくりの大検証が導き出した気になる結論は?





「今ちゃんの『実は・・・』」
9月8日(水) 夜11時17分~ ABCテレビ(関西地区で放送)
※TVer・Gyao!で見逃し配信(TVerはマイリスト登録をどうぞ!)

【司会】今田耕司
【出演】月亭八方、小籔千豊、
    サバンナ(八木・高橋)、シャンプーハット(こいで・てつじ)、
    ミルクボーイ(駒場・内海)、霜降り明星(せいや・粗品)
本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
朝日放送テレビ株式会社
ホームページ
https://www.asahi.co.jp/
代表者
山本 晋也
資本金
10,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1丁目1番30号
連絡先
06-6458-5321

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所