日本最大級のビジネスコンテスト「Business Contest KING 2021」にゴールドスポンサーとして協賛します!

【未来のスタートアップ起業家】である日本全国の大学生・大学院生を応援!!

株式会社ショーケース(港区六本木、代表取締役社長:永田豊志、証券コード:3909、以下ショーケース)は、未来のスタートアップ起業家の育成支援のため、日本最大級のビジネスコンテスト「Business Contest KING 2021」にゴールドスポンサーとして協賛いたします。

また、優勝・準優勝チームに対して副賞として「SmartPitch(スマートピッチ)」イベントへの特別見学にご招待いたします。
https://bcking2021.peatix.com/


■Business Contest KING 2021について
 「学生がビジネスの世界に飛び込むきっかけを提供する」
9月2日(木)〜5日(日)の4日間を通して、参加する大学生・大学院生の「アントレプレナーシップ」を刺激し、将来的に日本を代表するビジネスリーダーとなる人材輩出を目指すビジネスコンテストです。

Business Contest KING 2020では、参加者の大学生・大学院生が新たな仲間と協働経営者になったつもりで、ゼロからの新規事業立ち上げを体験できるような仮想ビジネス空間を提供しています。


■ショーケースの狙いと協賛の背景
ショーケースの子会社で投資支援事業を行う株式会社Showcase Capital(港区六本木、代表取締役:永田豊志、以下Showcase Capital)スタートアップ企業の事業提携や資金調達をサポートするため、VC・CVCなどの事業会社・投資家とスタートアップ起業家をピッチ動画(=プレゼン動画)でつなぐマッチングプラットフォームサービス「SmartPitch(スマートピッチ)」を開発・提供しています。
https://smartpitch.tv/

また、ショーケースでは首都圏を中心とした大学や、Business Contest KING実行委員会との共催イベントを通じて、起業を目指す大学生・大学院生の支援を行ってきました。

ショーケースでは、「Business Contest KING 2021」へのゴールドスポンサーとしての協賛を通じて、未来のスタートアップ起業家育成に寄与し、日本国内のスタートアップ・エコシステムを支援しようと考えています。


■副賞「SmartPitch(スマートピッチ)」イベントへの特別見学について
優勝チーム、準優勝チームに対して、2021年秋頃に開催を予定している「SmartPitch(スマートピッチ)」への特別見学へご招待いたします。

歴史あるBusiness Contest KINGのコンテストで優秀な成績を修められた学生の皆様に、「スタートアップ企業が事業会社・投資家へアピールするリアルな現場」を特別に見学していただきます。
本イベントはオンラインになりますので、全国から見学にご参加いただくことが可能です。


ショーケースとShowcase Capitalは、今後もスタートアップ起業家の成長を加速させ、日本国内のスタートアップ・エコシステムを支えて参ります。


【株式会社ショーケース 会社概要】
代表取締役社長:
 永田 豊志
所在地:
 東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル14F
設立:
 1996年2月1日
上場証券取引所:
 東京証券取引所 市場第一部
証券コード:
 3909
コーポレートサイト:
 https://www.showcase-tv.com/

コアバリュー :
 「おもてなしテクノロジーで人を幸せに」

私たちは人が感じる「不」を取り除き「幸せ」に導くお手伝いをしています。
そして、私たちの喜びは、人の期待を超え、感動や満足感を提供するしくみ=おもてなしテクノロジーで、幸せな人を増やしていくことです。
本件に関するお問合わせ先
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社ショーケース 経営企画部 広報担当:前田
電話:03-5575-5102
携帯電話:070-1512-7222
メールアドレス:maeda.daichi@showcase-tv.com

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
株式会社ショーケース
ホームページ
https://www.showcase-tv.com/
代表者
永田 豊志
資本金
3,374 万円
上場
東証1部
所在地
〒106-0032 東京都港区六本木1-9-9六本木ファーストビル14F
連絡先
03-5575-5117

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所