オランダ「ゴッホ美術館」と日本をつなぐオンラインイベント「フィンセント・ファン・ゴッホ&東京オリンピック」を7月9日(金)に開催 オリンピック初種目のスケートボード選手も登場!

この度、オランダのゴッホ美術館は、駐日オランダ王国大使館協力のもと、フィンセント・ファン・ゴッホに影響を与えた日本文化や、芸術との向き合い方等を紐解きご紹介するオンラインイベント、「フィンセント・ファン・ゴッホ&東京オリンピック」を来る7月9日(金)に開催いたします。今夏に行われる東京オリンピックを機に、オランダのナショナルハウスを担う『*TeamNL Tokyo Expo』にて、ゴッホ美術館のキュレーターや研究員たちが登壇します。また、今回初のオリンピック公式種目となったスケートボードのオランダ代表、キャンディ・ヤーコプス選手と選手団旗手を務める予定のケート・オルデンボーフィング選手を迎え、芸術家ゴッホと通ずるモチベーション、仕事、生活などについて紹介いただきます。今イベントでは、“歴史”と“今”をつなぎ、作品や活動を通して人を動かし世界をも変えられる芸術とスポーツの無限大の可能性を探っていきます。

  
右からケート氏、キャンディ氏
写真:Jelle Draper
ーーー
【イベント概要】
開催日時
2021年7月9日(金)17:00-18:00 日本時間 / 10:00-11:00 オランダ時間

ゲスト
【ゴッホ美術館】
コーポレート・パートナーシップ・マネージャー フロア・ヴァン・コレム氏
研究員 ブレフイェ・ゲリッツ氏 
キュレーター/アソシエイト研究員 ヨースト・ファン・デル・ホーベン氏
【スケートボードオランダ代表】
キャンディ・ヤーコプス選手、ケート・オルデンボーフィング選手

協賛
ゴッホ美術館、オランダオリンピック委員会・スポーツ連合(NOC*NSF)、駐日オランダ王国大使館

参加費:無料

使用言語:英語 (英語から日本語への同時通訳つき)

参加方法
TeamNL Tokyo Expoに登録<https://teamnlexpo.com
(1)エクスポのプログラムをクリック (2)イベントを選択後、登録を実施
ーーー

【日本とゴッホ】
フィンセント・ファン・ゴッホは兄のテオと共に、浮世絵をこよなく愛し、収集していました。浮世絵のエキゾチックでカラフルな独自のスタイルは、ゴッホの作品に多大な影響を与えたと言われています。ゴッホは、日本の伝統を受け継ぐ芸術家として、現代美術に貢献したいと考えていました。ゴッホ美術館の研究員である ブレフイェ・ゲリッツ氏が、日本がゴッホの作品にどのような影響を与えたかを解説します。

【ゴッホとスケートボード】
東京オリンピックで初めて公式種目となったスケートボードですが、同種目のオランダ代表であるキャンディ・ヤーコプス選手と ケート・オルデンボーフィング選手を迎え、ゴッホ美術館のアソシエイト研究員であるヨースト・ファン・デル・ホーベン氏と共に、芸術家ゴッホと通ずるモチベーション、仕事、生活とスケートボードというテーマについて説明します。

≪キャンディ・ヤーコプス選手≫
オランダ、リンフルブ州テーゲレン生まれの31歳。2019年のストリートリーグ世界選手権で4位に入賞、世界大会デュー・ツアーで3位に輝いたことで、世界ランキングで5位となる。同大会でヨーロッパ選手中1位となり、東京オリンピックへの出場が決定した、注目選手。地元の団体と共に、スケートボード施設の拡張に携わる等の活動にも積極的に取り組んでいる。

≪ケート・オルデンボーフィング選手≫
オランダ、ユトレヒト出身の16歳。15歳にして、既にスケートボードのストリート部門ヨーロッパチャンピオンに輝く。今年のオランダオリンピック委員会・スポーツ連合が行うスポーツガラ(NOS|NOC*NSF Sports Gala)で、オランダのスポーツ界で最も優れた才能ある選手に贈られる賞「Young Talent Award」を受賞した、オランダ期待の若手選手。同選手は東京オリンピックでは旗手を務める予定。


*『TeamNLTokyo Expo』とは
オランダオリンピック委員会・スポーツ連合(NOC*NSF)とオランダ国立スポーツセンター・パーペンダル(Papendal)が、オランダ外務省と駐日オランダ王国大使館協力のもと、作り上げたデジタルイベント空間。スポーツは社会的発展の動力であるというオリンピックの価値に基づき開設されたこのプラットフォームでは、「食料・水・エネルギーの連環(ネクサス)」、「ハイテク・イノベーション」、「バイタリティ」の3つを主題として、 日蘭間のマッチングイベントやオンラインプレゼンテーション、オランダ人アスリートに関する情報共有などを行っています。
https://teamnlexpo.com ※メールアドレスご登録の上、ご参加いただけます。

【駐日オランダ王国大使館】
長い日蘭交流の歴史を基礎とし、オランダは現在においてもローカル・グローバル規模の課題解決や、ビジネス活動を促進するためのパートナーでありたいと思っております。オープンで創意に富み、包括的なオランダならではの活動を通して、社会・経済・文化におけるスポーツの力を、この夏皆さまにご紹介していきます。
本件に関するお問合わせ先
駐日オランダ王国大使館
広報・政治・文化部 ダン キム
TEL : 03-5776-5404 E-mail: TOK-PPC@minbuza.nl

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
駐日オランダ王国大使館
ホームページ
 
代表者
ペーター ファン・デル・フリート
上場
非上場
所在地
〒105-0011 東京都港区芝公園3-6-3
連絡先
03-5776-5404

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所