【今ちゃんの「実は・・・」】ダイアン・津田ブチ切れ!?おいしいのに太らないヘルシー極上夜食を食べた今田の感想は?

「今ちゃんの『実は・・・』」
6月23日(水)夜11時17分~ ABCテレビ(関西ローカル)
実は“料理好き”のダイアン・津田も参戦!一流料理人が人気の中華調味料で作る“おいしいのに太らないヘルシー極上夜食”に今田も「うまいまだ〜!」 
時代の最先端“ドローン”を自在に操るエースパイロットたちが自慢の神ワザで勝負! 嵐の中の激闘の行方とは?



 ダイアンがリポートするのは「一流料理人が考えた!おいしいのに太りにくい極上ヘルシー夜食は実は…」。一流料理人が作る“極上夜食”企画に有名企業「創味食品」から依頼が舞い込んだ!
人気の中華調味料「創味シャンタン」を使い、夜中についつい食べすぎても後悔しない、カロリーを抑えたヘルシー夜食を考案してほしいというのだ。そんなオファーを受けて3組の料理人が集結!「創味シャンタン」とスーパーなどで手に入る身近な食材を使った、おいしいのに太りにくいオリジナル夜食を披露していく。トップバッターは、ヘルシー料理研究家の鈴木沙織さん。かつては90kgオーバーの超ぽっちゃり女子だったが、約10年をかけて50kg以上も落としたダイエット成功者でもある彼女が作るのは、チーズを使わないヘルシーな“チーズケーキ”。味の決め手は「創味シャンタン」にあるモノを合わせて作る万能調味料らしく…。「チーズが入ってないのにめっちゃチーズ!」とユースケを仰天させた斬新レシピが明らかに!

続いては、大阪・天満で創作餃子の人気店を仲よく営む池崎姉妹。お店で使い慣れた餃子の皮にあるひと手間を加えて作る、1品で2度楽しめる激ウマ“グラタン”とは?ラストに登場するのは、実は料理好きというダイアン・津田!「子どもに食べさせたら、めちゃくちゃ喜んで走り回っとった!」と家族にも好評だったらしい自信作の“担々麺”を公開する。これからの季節にぴったりのひんやりメニューのポイントは、「創味シャンタン」を使った涼しげな○○!その独創的なアイデアに今田らも度肝を抜かれ…。
いずれ劣らぬ力作の3品を“実は”メンバーがスタジオで試食!「これはどんどん食うてまう。うまいまだ〜!」と今田が思わず完食した逸品とは?




 サバンナがリポートする“ライバル企業対決”企画は「時代の最先端!一流ドローンスクール ガチ対決!エースパイロットの神ワザは実は…」。時代の最先端として注目されている職業“ドローンパイロット”を育成するドローンスクールにスポットを当て、関西を代表する人気の2校「関西ドローン安全協議会」と「ドローンスクールジャパン滋賀草津校」が対決。それぞれの講師陣の中でトップの実力を誇る2人のエースパイロットが、学校の威信をかけてぶつかり合う!

「関西ドローン」のエースは61歳の高本さん。11年のキャリアを持ち、テレビ番組の撮影から国際会議の警備まで経験豊富な“ドローン界の重鎮”だ。一方、「ドローンスクールジャパン−−」が送り出す25歳の國領さんは、ドローン歴は3年ながら緻密な操作をこなす“ドローン界の若き天才”。そんな2人が、当番組が考案したオリジナル競技でガチンコ3番勝負を繰り広げる。第1戦は「クレーンゲーム対決」。頭に輪をつけた小さなぬいぐるみを、ドローンから垂らしたS字フックにひっかけてクレーンゲームのように運び、特定の場所に落とすことができれば得点となる。

ところが、この日はあいにくの悪天候!強風や雨に煽られ、狙った場所に飛んでくれないドローンに両エースとも悩まされて…。ほか、CMにふさわしいクールな映像で競い合う「CM撮影対決」、さまざまな障害物に隠された文字を見つけてパズルを完成させるレース「謎解き対決」で激突!果たして、勝利はどちらの手に?




「今ちゃんの『実は・・・』」
6月23日(水) よる11時17分~ ABCテレビ(関西地区で放送)
※TVer・Gyao!で見逃し配信
【司会】今田耕司
【出演】月亭八方、小籔千豊、
    サバンナ(八木・高橋)、
    シャンプーハット(こいで・てつじ)、
    浅越ゴエ、ダイアン(ユースケ・津田)、
    宇都宮まき
本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
朝日放送テレビ株式会社
ホームページ
https://www.asahi.co.jp/
代表者
山本 晋也
資本金
10,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1丁目1番30号
連絡先
06-6458-5321

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所