【今ちゃんの「実は・・・」】青森天然キャラアイドル・王林がもだえる“映えグルメ”とは!?

「今ちゃんの『実は・・・』」
6月2日(水)夜11時17分~ ABCテレビ(関西ローカル)

知る人ぞ知る隠れ家名店の“映えグルメ”をサバンナが大発掘!助っ人で参戦の青森天然キャラアイドル・王林も興奮の激映え韓国鍋とは?霜降り明星は催眠術で罰ゲームを乗り切る「マインドコントロール-1グランプリ」にチャレンジ!“人一倍催眠術かかりやすい男”せいやが大奮闘!?
サバンナがリポートするのは「いまだ知らない隠れ家グルメ!絶品おススメシの『人気の秘密』は実は…」。
店主イチオシの映えるグルメ“おススメシ”を紹介する好評企画の第2弾!今回は、知る人ぞ知る隠れ家的名店にある絶品グルメの人気の秘密を探る。さらに助っ人として、キュートな津軽弁と天然キャラでバラエティー番組に引っ張りだこの青森ご当地アイドル・王林がロケに参加!大阪グルメといえば?と高橋に問われ、「うーん…丸まった玉?」と謎の答えを繰り出す天然娘は“おススメシ”の店主自慢のおススメシにどんな反応を見せるのか?

1軒目は、大阪・梅田にある韓国料理店。ビルの階段を上がっていくと、映えるピンクの自動販売機が現れるが、実はこれがお店のドア!韓国の最先端カフェをイメージしたポップな内装もSNS映え抜群だ。そんな女子ウケ必至のこちらのおススメシは、自称“日本一映える”トッポギ鍋。韓国から取り寄せた食材を使った本格派の味もさることながら、上にトッピングする○○が最高に“映える”らしい。

その正体を、王林は「わたあめ!」と推理。見た目もファンシーになるうえ、「すき焼きみたいに甘くなる」効果もあると胸を張るが…。鍋を覆い尽くす○○に、王林のみならずスタジオ一同も興奮!韓国鍋をさらにおいしくするマル秘トッピングとは?


2軒目は、大阪・天満のフレンチビストロ。昔ながらの大衆食堂そのままの店内で、オシャレな創作フレンチが楽しめるこちらのおススメシ“バタートースト”に使われた意外な高級食材とは?3軒目には、神戸・三宮にあるタコス屋さん。店内には、オートロックで守られた何やら怪しい扉があり…。その奥に隠されていた、テレビ初公開の超ゴージャス空間がついに秘密のベールを脱ぐ!

霜降り明星がリポートするのは「漫才以外にもまだあるぞ!めちゃめちゃ盛り上がるもうひとつのM-1グランプリは実は…」。“漫才”以外の頭文字“M”から始まるグランプリに、せいやと粗品が体を張って挑む人気企画!今回は、催眠術を駆使した「マインドコントロール-1グランプリ」を開催する。他人から心を操られ、感覚や行動を制御される催眠術をかけてもらえば、あらゆる罰ゲームに耐えられるのでは?という仮説を検証するこの大会。せいやが“痛い”“辛い”“臭い”などさまざまな感覚を刺激する罰ゲームにチャレンジ!

まずはそれぞれの感覚をがっちりとブロックする催眠をかけてもらって臨むが、術は途中で解かれることに。このとき、ノーブロックの体に一気になだれ込む強烈な刺激の“衝撃度”をせいやがジャッジし、栄えあるNo.1を決定する。さて、催眠術には人一倍「かかりやすい体質」を自認するせいや。今回の検証に協力してくれたスゴ腕の催眠術師さんにも「素直さが顔に現れている“催眠フェイス”!」と太鼓判を押されるなど、そのかかりっぷりにも期待が高まるが…。“辛い”罰ゲームには、タバスコ1800本分の辛さを誇る調味料を投入した超激辛チャーハンが登場!試食した粗品が、「あぁぁ〜!」と奇声を発しながらスタジオを意味なく駆け回ったほどの強烈な辛さに、せいやが見せた仰天リアクションとは?ほか、「天敵」とせいやが恐れるあの“激臭グルメ”や、罰ゲームの大定番“熱湯風呂”などで催眠術のパワーを爆笑検証!

「今ちゃんの『実は・・・』」
ABCテレビ 毎週水曜 夜11時17分~
【司会】今田耕司
【出演】月亭八方、小籔千豊、
    サバンナ(八木・高橋)、
    シャンプーハット(こいで・てつじ)、
    アインシュタイン(稲田・河井)、
    霜降り明星(せいや・粗品)
※TVer・Gyao!で見逃し配信
本件に関するお問合わせ先
ABCテレビPRプランニング部 竹内(ippei_takeuchi@asahi.co.jp)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
朝日放送テレビ株式会社
ホームページ
https://www.asahi.co.jp/
代表者
山本 晋也
資本金
10,000 万円
上場
東証1部
所在地
〒553-8503 大阪府大阪市福島区福島1丁目1番30号
連絡先
06-6458-5321

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所