支援者4000名超え!-7度の涼しい風を運ぶ「ヒヤミスト2」Makuakeで先行販売中

スリー・アールグループである、デジタル機器の通信販売を行うスリーアールソリューション株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村 陽一)が3月12日よりクラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売中の−7℃の風を運ぶ超音波式冷風機「Qurra ヒヤミスト2」は、4月19日時点で、支援者様4,000名を突破いたしました。
本製品は、品質と価格でユーザーの選択肢を広げるために設立した、当社独自の生活家電と生活雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」の新作です。

 地球温暖化が進む中、2020年の熱中症の搬送者は約6.5万人に上りました。新型コロナウイルスによる外出自粛の影響からか、例年と比べ屋内での熱中症発生数が増加傾向にあります。
 気象庁によりますと、2021年の夏も猛暑となると予想されています。新型コロナウイルスの終息が見えない中、今年も屋内での熱中症対策は、すべての人にとって必要不可欠となると考えられます。
 一方で、「クーラーをつけっぱなしにすると、体調を崩してしまうし、電気代もかかってしまう」という理由から、扇風機には根強い人気があります。しかし、扇風機だけで「涼しさ」を実現することは難しく、結局はクーラーと併用されている方が多いのではないでしょうか。

 そのような状況を受け、当社では、-7.7度の風を運ぶ超音波式冷風扇「ヒヤミスト2」を開発。クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を開始。4月19日時点で、支援者様4,000名を突破いたしました。

 冷扇風とは、水分が蒸発する際に周囲の熱を奪う現象「気化熱」を利用し、冷たい風を出すことができる水冷式の扇風機です。一般的な扇風機は、室内30度であれば30度の風が吹きますが、冷風扇「ヒヤミスト2」を使用すると-7.7度の涼しい風を受けることができます。
また「ヒヤミスト2」は、一般的な冷風扇よりもミストの粒が大きく、より涼しく感じられる仕組みとなっています。

クーラーと比較すると、電気代を圧倒的に抑えることができます。電気使用量が上がりがちなリモートワークにも頼もしい存在です。

また、USB充電が可能となっており、デスクやキッチン、車内や屋外でのアウトドアなど、あらゆるシーンでご使用いただけます。

カラーは、インテリアになじむ3色展開。

デジタル機器の通信販売を行う当社では、「暮らしを豊かにする。」のコンセプトの元、当社独自の生活家電と生活雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」を設立しました。インターネット通販を主な流通チャネルに設定し、それに適した品質と価格のバランスを重視したブランドとして、商品開発と販売に注力していきます。

【製品概要】
製品名:Qurra ヒヤミスト2
型番:3R-TCF06
カラー:ホワイト、グレー、ブラック
本体サイズ:約16.1×15.3×26.1
重量:約1.15kg
タンク容量:約500ml
入力電圧:約5.0V
入力電流:1.5A1(最大)
一般販売予定価格:6,980円

販売場所 : Makuake
販売ページURL:https://www.makuake.com/project/3r_hiyamisto/

公式SNS:
Instagram  https://www.instagram.com/qurra.yururira/
Twitter   https://twitter.com/qurra_yururira

友だち登録で15%OFFクーポンが貰える!
LINE公式アカウント   https://lin.ee/WwP31yl

【会社概要】
会社名: スリーアールソリューション株式会社
代表者: 今村 陽一
所在地:福岡県福岡市博多区東光2丁目8-30高光第一ビル2F
TEL:092-260-3030
FAX:092-441-4077
企業WEBサイト:https://www.3rrr.co.jp
法人向けWEBサイト:https://3rrr-btob.jp
美容サイト:https://3r-beauty.com/
WEBショップ「こうたろう」:https://kootaro.com
本件に関するお問合わせ先
PR担当: 050-5436-8055

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
スリー・アールシステム株式会社
ホームページ
https://3rrr-hd.jp/
代表者
今村 陽一
資本金
4,200 万円
上場
未上場
所在地
〒812-0008 福岡県福岡市博多区東光2丁目8-30高光第一ビル2階
連絡先
092-441-4056

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所