バーチャル空間を活用した学位記授与式を実施【続報】 -- 北海道科学大学



北海道科学大学(札幌市手稲区前田7条15丁目4-1)では、コロナ禍で規模を縮小して開催する学位記授与式(卒業式)において、学生と教員のリアルな3Dアバターを用いた卒業記念特別企画「HUSバーチャル卒業式」を下記のとおり実施いたします。北海道のみならず全国的にも初の試みかと存じます。取材等ご協力のほどよろしくお願いいたします。
(本配信内容は 2021.02.16 20:00 に配信した内容の続報となります)




1.日時
 2021年3月18日(木) 第1部 11:00~/第2部 14:00~
 ※第1部、第2部は学生を入れ替え、同内容で実施。

2.場所
 札幌文化芸術劇場(hitaru)



3. 主旨
 学生最後の1年間をコロナ禍で過ごした卒業生達に少しでも楽しんでもらえたら...バーチャル技術で「できない」を「できる」に変えることができたら...そんな想いで学生団体Q-PITが中心となって立案し、株式会社VRCのサポートを得て3Dアバターを活用したスマートフォンコンテンツを共同開発しました。卒業式当日、卒業生は自分のスマートフォンで2種類のコンテンツを楽しむことができます。



4.コンテンツ内容
(1)バーチャル記念撮影
 バーチャル空間で友達や教員の3Dアバターが一緒に並んだ動画を作成し、シェアすることができます。登場人物は自分を含め5人まで、背景は5種類から選択可能で、背景によって異なるポーズの写真になります。
(2)バーチャル学位記授与式
 バーチャル空間で卒業生が学科長(または学長)の3Dアバターより学位記を授与してもらう動画を作成し、シェアすることができます。



5.3Dアバターの生成方法
 学生は自分のスマートフォンを使って自宅で3Dアバターを作成することが可能です。また、3月17日(水)までの期間限定で学内に設置している3Dスキャナーで撮影すれば、よりリアルな3Dアバターを作成することもできます。



6.学生団体Q-PIT
 情報工学科を中心とした14名で構成された学生団体です。これまでに北海道科学大学を3DCGで再現した「バーチャルキャンパス」や、AR(拡張現実)を使った「ARスタンプラリー」などを作成し、NoMapsへの出展など、学外でも精力的に活動しています。



※株式会社VRCについて
 「実生活の課題を、バーチャルで解決する」 We Make a Better 3D World, a Brighter Life.
 新感染症拡大・高齢化・大量廃棄・都市型集中など多数の社会問題がある中で、革新技術・持続性のある社会システムなどが求められています。VRCは安全に簡単に使えるクロスボーダーな3Dインフラを提供することで、実空間で解決できない課題をバーチャル空間で課題解決し、実生活をより良くしていくことを目標としています。


※企画の詳細についてはこちら
 https://q-pit-sv3.hus.ac.jp/grad-vr/

▼本件に関する問い合わせ先
北海道科学大学 地域連携・広報課
住所:札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
TEL:011-676-8664
FAX:011-688-7639
メール:koho@hus.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
北海道科学大学
ホームページ
http://www.hus.ac.jp/
代表者
渡辺 泰裕
上場
未上場
所在地
〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田七条15丁目4番1号
連絡先
011-681-2161

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所