法政大学・東洋大学・東京工業大学と共同研究「''CAMP in Campus for well-being''~大規模災害時の人間らしい避難生活をキャンパスで~」について--法政大学多摩キャンパスにてシンポジウム開催(2021年3月13日)



法政大学は、東京都政策企画局より支援を受け、東洋大学・東京工業大学と共同で研究を進めている事業「災害時における大学キャンパスを活用した避難手法の検証」において、調査研究報告と政策提案を行うシンポジウムを開催します(対面にて実施(オンラインでの参加も可)。事前申込制)。




 本事業は、「SDGsの推進と持続可能な都市・東京の実現」に向け、東京都と都内の大学が連携して政策課題に取り組む「東京都と大学との共同事業」として、東京都政策企画局より支援を受け、東洋大学、東京工業大学と実施している共同研究事業です。


 事業実施主体 法政大学・東洋大学・東京工業大学 
 企業協力   (株)モンベル



【シンポジウム概要】
 本事業では、2020年10月に、自然災害発生時における避難生活の代替案の一つとして、大学キャンパスの資源性を検証する実証実験を法政大学多摩キャンパスにて実施しました。
 本シンポジウムでは避難生活の代替案として、大学キャンパス活用の可能性と課題について国内外での調査研究結果や実証実験の成果を踏まえて提示し、都民の皆様と意見交換します。



 日 時 :2021年3月13日(土)13時~15時
 内 容 :自然災害時の避難生活の代替案の提示



  13:00 基調講演「我が国の避難所の実態と問題点」
      室崎益輝 氏(日本災害復興学会会長/内閣府中央防災会議専門委員会委員)
  13:40 調査研究報告と政策提言「大学キャンパスを避難生活拠点に」
  14:00 グループ討論 参加者がグループに分かれて意見交換
     (1)人間らしい避難生活とは
     (2)多様な人々を受け入れるには
     (3)避難所をどのように運営するか
  14:45 総括 グループ討論のまとめ



 会 場 :法政大学多摩キャンパス(東京都町田市相原町4342)
      17号館 現代福祉学部棟3階 301教室
      ※Zoomによるオンライン配信も行います。
      (当日の接続先は事前申込みいただいた方のみにお知らせします)
      ※教室内は万全な新型コロナウイルス感染症対策を講じます。
 対 象 :都民の方、災害ボランティア、行政担当者、大学関係者等
 参加費 :無料
 申込先 :下記URLからお申し込みください。
      http://forms.gle/K4wRpwPDvpx8TyTSA
      氏名、所属、参加形態(会場/オンライン)
      グループ討論の希望テーマを入力ください。



■共同事業の詳細については以下からご覧いただけます。
 「災害時における大学キャンパスを活用した避難手法の検証」 全体計画書
 https://www.hosei.ac.jp/application/files/9115/9315/6659/20200626_02.pdf

■「東京都と大学との共同事業」についてはこちらをご覧ください。
 東京都政策企画局
 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/06/26/03.html



【本件に関するお問い合わせ およびご取材申し込み】
 当日の取材をご希望の場合は3月11日(木)17時までに法政大学担当者までご連絡ください。


 法政大学 総長室付教学企画室(担当:野村)
 TEL:03-3264-9932
 E-mail: kyogaku@hosei.ac.jp



 ※「東京都と大学との共同事業」に関する問い合わせ先:東京都政策企画局計画部大学連携担当 TEL:03-5388-2098

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
法政大学
ホームページ
http://www.hosei.ac.jp/
代表者
廣瀬 克哉
上場
未上場
所在地
〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所