日本製鉄 超ハイテン鋼板の供給体制を強化 ~東日本製鉄所君津地区第6CGLの商業運転を開始~

日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)東日本製鉄所君津地区では、第6CGL(溶融亜鉛めっき設備)の商業運転を1月16日に開始しました。本CGLは、月産能力は33千トン、強度1.5GPa級の超ハイテン鋼板(*)の製造が可能です。

自動車業界においては、世界的に環境規制強化と衝突安全基準の厳格化が進み、車体の軽量化・高強度化ニーズの高まりから、各自動車メーカーでの超ハイテン適用が増加しており、今後も需要拡大が見込まれます。また、今後、更なる普及が見込まれる電気自動車などの電動車においても、走行距離やバッテリー重量の問題により、車体軽量化のニーズが一層高まるものと考えられます。こうした車体の軽量化・高強度化を実現する超ハイテン鋼板のニーズ拡大に対応するため、超ハイテン鋼板の供給体制を強化しました。

日本製鉄は、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)にも合致した活動(「気候変動に具体的な対策を」)に資するハイテン鋼板の供給を通じて、これからも社会の発展に貢献していきます。

(*)1.5GPa級の超ハイテン鋼板
 GPa   : ギガパスカル。パスカルは引張り強さや圧力の単位。
 ハイテン : High Tensile Strength Steel(高張力鋼)の略称。
        引張り強さが1.0GPa以上ある鋼板を超ハイテン鋼板という。
        引張り強さ1.5GPaのハイテンは、1平方ミリメートルあたり150kgの力が加わるまで
        破断しない。


お問い合わせ先:総務部広報センター 03-6867-2146、2135、2877、3419
以 上

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
日本製鉄株式会社
ホームページ
http://www.nipponsteel.com
代表者
橋本 英二
資本金
41,952,497 万円
上場
東証1部,名証1部,札証,福証
所在地
〒100-8071 東京都千代田区丸の内2-6-1丸の内パークビルディング
連絡先
03-6867-4111

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所