【スリー・アールソリューション】昨年クラファン開始20分で目標達成した、カタツムリのようなポータブルアイロン「ポケツムリ」がCAMPFIREでプロジェクトスタート

スリー・アールグループである、デジタル機器の通信販売を行うスリーアールソリューション株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:今村 陽一)は、2021年1月7日より、旅行や出張にも持ち運べるポータブルアイロン「Qurra POKETUMURI (ポケツムリ) ポータブルアイロン 3R-HMA02」のクラウドファンディングを「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」で開始しました。

本製品は、品質と価格でユーザーの選択肢を広げるために設立した、当社独自の生活家電と生活雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」の新作です。

「外出先で気づいたシャツのシワを、気軽に伸ばしたい」
「細かい洋裁の作業でアイロンを使用するが、従来型のアイロンだと大きくて重くて使い勝手が悪い」
そういったビジネスパーソンや主婦の皆様のお声を基に、弊社は、携帯できる充電式のポータブルアイロン「Qurra POKETUMURI (ポケツムリ) ポータブルアイロン 3R-HMA02」を開発しました。

本製品は、既に別のクラウドファンディングサイトで1,082名から支援された期待値の高い商品です。昨年12/27に出品が終了後も購入希望の要望が多かったことから、CAMPFIREでもプロジェクトを開始することになりました。

カタツムリのような形状をしており、片手に収まるほどコンパクトで旅先にも持っていきやすい製品です。充電式のアイロンは国内では珍しく、さらに小型であることが特徴です。

パソコン等のUSBからも充電できて、1回の充電で約15分利用可能。安全面にもこだわっており、3秒間手に触れなければ自動で停止するスリープモードを搭載。耐熱温度250℃のアイロンカバーもセット。ハンバーに洋服をかけたままシワを伸ばす用のアイロンミトン(耐熱の手袋のようなもの)もセットになっています。

【製品の特徴】
  • USBから充電できる
  • 小型のためボタン周りやす襟周りの細かい部分に使える
  • 電源入れて約3分後に設定温度に到達
  • 衣服に併せて選べる温度は3段階
  • 手のひらに乗るコンパクトサイズ
  • 360gの缶ビールより軽い315g
  • 3秒間触れないと自動でスリープモードになるため安心
  • 120分の充電で約15分稼働
  • 伸びにくいシワ用のミスとスプレーを付属
  • ハンガーにかけたまま使えるアイロンミトンを付属
  • 専用カバー、収納袋を付属
デジタル機器の通信販売を行う当社では、「暮らしを豊かにする。」のコンセプトの元、当社独自の生活家電と生活雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」を設立しました。インターネット通販を主な流通チャネルに設定し、それに適した品質と価格のバランスを重視したブランドとして、商品開発と販売に注力していきます。


【製品概要】
製品名:Qurra POKETUMURI (ポケツムリ) ポータブルアイロン
型番:3R-HMA02
本体サイズ:約122×66×91mm
重さ:約315g
バッテリー容量:5,200mAh
連続使用時間:約15分
入力電圧/電流:5V/3A(最大)
販売場所 : CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
ページURL:https://camp-fire.jp/projects/view/365781
開催期間 : 2021年1月7日(木)~ 2021年2月2日(火)
目標金額 : 100,000円

【会社概要】
会社名: スリーアールソリューション株式会社
代表者: 今村 陽一
所在地:福岡県福岡市博多区東光2丁目8-30高光第一ビル2F
TEL:092-260-3030
FAX:092-441-4077
企業WEBサイト:https://www.3rrr.co.jp
法人向けWEBサイト:https://3rrr-btob.jp
美容サイト:https://3r-beauty.com/
WEBショップ「こうたろう」:https://kootaro.com

【本件に関するお問い合わせ先】
PR担当: 050-5436-8055
本件に関するお問合わせ先
PR担当: 050-5436-8055

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
スリー・アールシステム株式会社
ホームページ
https://3rrr-hd.jp/
代表者
今村 陽一
資本金
4,200 万円
上場
未上場
所在地
〒812-0008 福岡県福岡市博多区東光2丁目8-30高光第一ビル2階
連絡先
092-441-4056

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所