女川町とPwCコンサルティング、次世代のまちづくり推進に関する包括連携協定を締結

2020年121
女川町
PwCコンサルティング合同会社
女川町とPwCコンサルティング、次世代のまちづくり推進
に関する包括連携協定を締結



宮城県女川町(町長:須田 善明)とPwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明、以下、PwCコンサルティング)は12月1日、次世代のまちづくり推進をテーマにした包括連携協定を締結しました。

本協定では、次の7つのテーマを掲げています。これらのテーマを相互に連携させ、女川町が目指す持続可能なまちづくりに向けた次世代のまちづくりを進めるものです。

(1) 持続可能なまちの形成
(2) 最新技術の活用やスマートシティ(タウン)の実現による住民生活の質的向上
(3) 自治体におけるデジタルトランスフォーメーション(デジタル技術活用による業務改革)の推進
(4) インパクトマネジメント(経済的、社会的価値の生じる過程を可視化し、成果の最大化を図る)の推進
(5) コレクティブインパクト(関係者等の連携による協働)創出によるまちづくりの推進
(6) 人材育成の推進
(7) その他次世代のまちづくり推進

女川町は、東日本大震災からの復興にあたり、公民連携による住民参加型の未来思考なまちづくりを推進してきた実績があります。今後も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大等により私たちを取り巻く環境が大きく変わる中、行政・議会・住民・企業・非営利団体等多くのプレイヤーと共に、その変化に対応し将来を見据えた次世代のまちづくりをPwCコンサルティングと連携し推進して参ります。

PwCコンサルティングは、世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCの一員として、国内外の多数の企業や行政機関への豊富なコンサルティング実績を有します。最新のテクノロジーや社会変化に関する知見、社会課題解決に向けた体制構築・現場推進力をもって、持続可能なまちの形成に向けたインパクトマネジメントの推進を支援します。

今後、女川町とPwCコンサルティングは密接な連携・協力のもと、互いの人的資源や情報等を最大限に活用し、持続可能な社会の実現に向けて、次世代のまちづくりを推進し、将来的にはグローバルに展開可能なモデルケースを構築することを目指します。
以上

PwCコンサルティング合同会社についてhttps://www.pwc.com/jp/consulting
PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

PwCについてhttps://www.pwc.com
PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はhttps://www.pwc.com をご覧ください。

(C)2020 PwC Consulting LLC. All rights reserved.
PwC refers to the PwC network member firms and/or their specified subsidiaries in Japan, and may sometimes refer to the PwC network. Each of such firms and subsidiaries is a separate legal entity. Please see https://www.pwc.com/structure for further details.

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
PwC Japanグループ
ホームページ
https://www.pwc.com/jp/ja/
代表者
木村 浩一郎
資本金
1,000 万円
上場
未上場
所在地
〒100-0004 東京都千代田区大手町1‐1‐1大手町パークビルディング
連絡先
03-6212-6810

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所