◆関西大学 文理融合の情報教育カリキュラムを基盤とした「データサイエンス教育プログラム(基礎/応用)」を開設◆



関西大学総合情報学部では、文理融合の情報教育カリキュラムを基盤として、データサイエンス技法をさまざまな分野に応用する基礎力を高めるための「データサイエンス教育プログラム(基礎/応用)」を、2021年4月より導入します。




【本件のポイント】

・データサイエンスの技法を様々な分野に応用する力を育成
・総合情報学部が有する、文理融合の情報教育カリキュラムを基盤としたプログラム
・学部生全員がデータリテラシーを学び、基礎/応用編の2種のプログラムで修了認定



 新たに導入するデータサイエンス教育プログラムでは、文理融合の情報教育カリキュラムを基盤として、データの収集・表現、定量的・統計的分析、プログラミングに関連する講義・実習科目を集約し、データサイエンス技法を段階的に修得できるように基礎/応用編の2種類を提供します。
 
■「情報を収集、分析、表現するための知識とスキルの修得」を教育目標に掲げる総合情報学部
 同学部では1994年の開設当初より文系・理系の枠にとらわれず、社会と人間に対する広い視野と情報利活用能力を養う教育を行ってきました。2009年度より社会調査士カリキュラムを開設し、量的・質的データの調査・分析に関する科目を充実させました。



 本教育プログラムの導入により、学部生全員がデータリテラシー(社会でのデータ利活用動向、データの扱い、利活用における心得)を学び、さらに基礎/応用プログラムにおいて所定の単位を修得すれば、プログラム修了の認定を受けることができます。3つの系(メディア情報系、社会情報システム系、コンピューティング系)を履修指針とする同学部のカリキュラムにおいて、データサイエンス技法を応用する基礎力を学ぶことにより、複合的に専門性を高めていくことが可能となります。


  基礎プログラムは、1~2年次配当科目で構成され、データ収集・表現・解析の基礎となる手法、社会と人間に関わる情報・データの利活用における課題や法的・倫理的事項について学びます。
 
 応用プログラムは、2~3年次配当科目を中心に構成され、デジタル化された情報やデータを高度に活用するための理論的知識、AI等の技術を駆使した情報システムの構築、各領域への応用等、講義科目とともに多彩な実習科目が提供されます。応用プログラムを履修することによって、複合的に専門性を高めながら社会における問題発見、問題解決の糸口を掴み、卒業研究テーマに発展させていくことが期待されます。


▼本件の詳細▼
・関西大学プレスリリース
 http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2020/No21.pdf

▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。


▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、木田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
関西大学
ホームページ
http://www.kansai-u.ac.jp/
代表者
芝井 敬司
上場
未上場
所在地
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3-35
連絡先
06-6368-1121

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所