AIを活用した道路附属物点検表作成サービス「みちてんスナップ」の提供を開始

~ドライブレコーダーの映像から道路附属物の位置や属性情報を検出し、点検表を自動作成~

 古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林敬一、以下古河電工)と株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水辰彦、以下ゼンリンデータコム)は、ドライブレコーダーの映像と独自の人工知能(AI)技術を活用して、道路標識・照明・カーブミラーなどの小規模道路附属物の位置や属性情報を検出し、定期点検の記録様式である点検表を自動作成するサービス「みちてんスナップ」の提供を開始しました。
 これにより、従来は人海戦術で対応していた道路附属物の点検・維持管理を、時間や人手をかけず低コストで簡便に行うことを可能にしました。今後も両社は、自治体が直面しているインフラ設備のメンテナンスにおける課題の解決と安全・安心に生活できるまちづくりに貢献するサービスを提供して参ります。

■「みちてんスナップ」紹介サイト https://www.furukawa.co.jp/infra-maintenance/

 市販のドライブレコーダーを取り付けた車両で点検対象道路を走行。走行動画データを「AIによる道路附属物画像認識技術」により解析し、国土交通省の点検要領に基づいた道路附属物の点検表を作成します。点検表にはゼンリンの詳細な地図データを活用し、道路附属物の正確な位置を把握することでより効率的な作業が可能になります。

■本システムのお問合せ先
古河電気工業株式会社
営業統括本部 新事業創出統括部
Tel:03-3286-3577
担当:鈴木 080-5038-6851、野村 080-1339-2796
対応時間:平日9:00~17:00

■会社概要
会社名:古河電気工業株式会社(https://www.furukawa.co.jp/
本社:東京都千代田区丸の内2丁目2番3号
代表者:代表取締役社長 小林 敬一
設立:1896年6月25日
資本金:69,395百万円(2020年3月末現在)
事業内容:「メタル」「ポリマー」「フォトニクス」「高周波」の4つの技術を核として、情報通信、エネルギー、自動車、電子部品、建設・建築、新事業・開発品の6つの事業分野において多岐にわたる製品を展開。
従業員数:3,925名(単体、2020年3月末現在)

会社名:株式会社ゼンリンデータコム(http://www.zenrin-datacom.net/
本社 :東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟6階
代表者:代表取締役社長 清水 辰彦
設立 :2000年4月13日
資本金:2,283,010千円 (2020年4月1日現在)
事業内容:□ITS事業 高精度な地図データを活用したテレマティックス事業の展開
□ネットサービス事業 地図をベースとした法人向け付加価値情報サービスの提供
□コンシューマー向け事業 「いつもNAVI」をメインとした、地図・ナビゲーションサービスの提供
従業員数:387名(2020年4月1日現在)

この企業の関連リリース

この企業の情報

組織名
古河電気工業株式会社
ホームページ
https://www.furukawa.co.jp/
代表者
小林 敬一
資本金
6,939,500 万円
上場
東証1部
所在地
〒100-8322 東京都千代田区丸の内2丁目2番3号
連絡先
03-3286-3001

検索

人気の記事

カテゴリ

アクセスランキング

  • 週間
  • 月間
  • 機能と特徴
  • Twitter
  • Facebook
  • デジタルPR研究所